Skip to main content

Delta News Hub Logo

Follow Delta News Hub on Twitter Follow Delta News Hub on Facebook Google+ Follow Delta News Hub on LinkedIn Email Delta News Hub

 【東京、2018130日】 –デルタ航空(NYSE:DAL)では1月から、太平洋路線のエコノミークラス「メインキャビン」で、スパークリングワインの提供を全面的に開始しました。提供するのはイタリアのスパークリングワインの一種、プロセッコ「Avissi」のミニボトルです。

メインキャビンでのスパークリングワインの提供は、一部の国際線で昨年11月からテスト導入していましたが、このほど全太平洋路線に導入を拡大しました。2月1日からは日本発着のアジア路線と短距離リゾート路線(成田-シンガポール、マニラ、上海、サイパン、パラオ)にも導入します。

デルタ航空の国際線メインキャビンでは、これまでも豊富な種類の国産ビール、赤・白ワイン、各種アルコール類やソフトドリンク類を無料で提供していましたが、新たにスパークリングワインを加え、飲み物のラインナップがさらに充実しました。 

デルタ航空の機内サービス担当副社長、リサ・バウアー(Lisa Bauer)は次のように述べています。「スパークリングワインは、お祝い事の際に好んで飲まれるお酒です。国際線にご搭乗いただくお客様は、空の旅に心躍らせているかたも多いことでしょう。そんなお客様の気分にあったお祝いのシーンに合うお飲み物を追加することができました。」

デルタ航空アジア太平洋地域担当副社長マテオ・クルチオ(Matteo Curcio)は、「デルタ航空のビジネスクラス『デルタ・ワン』ではかねてからマスターソムリエのアンドレア・ロビンソンが空の旅のために選定した赤、白、スパークリングワインが大変好評をいただいています。全ての客室でのサービス向上の取り組みの一環として、メインキャビンでもイタリアのプロセッコを無料で提供することにしました。」と述べています。

デルタ航空では機内設備とサービス、顧客エクスペリエンスの向上に多大な投資をしており、合計数百機にのぼる新機材の発注や機内刷新プログラムを進めています。機内刷新プログラムには、新シートの導入、エンターテインメントシステムの刷新、頭上の棚スペースの拡大、新型の化粧室、個別調整が可能な照明機器、すべての国際線用機材でのWi-Fiサービスの提供などが含まれています。また、メインキャビンのサービス向上に力を入れており、アイマスクと耳栓が入った「スリープキット」と、機内エンターテインメント用のイヤホン、お食事サービス後に配布するペットボトルのお水、長距離国際線でハーゲンダッツやベン&ジェリーズなどの高級アイスクリームブランドを提供しているほか、メインキャビンのお客様に機内用スリッパを無料で提供しています。

写真:プロセッコのAvissi イメージ
Avissi Prosecco

日本語 (Japanese)
Follow Delta News Hub on Twitter Follow Delta News Hub on Facebook Google+ Follow Delta News Hub on LinkedIn Email Delta News Hub

Related Topics

Related topics