*本リリースは5月6日米国アトランタで発表されたリリースの抄訳です。

【米国アトランタ、2009年5月6日】 – デルタ航空(NYSE:DAL)は本日、デルタ航空とノースウエスト航空の2009年4月の運航実績を発表しました。

デルタ航空の全路線網(ノースウエスト航空路線含む)での旅客輸送量は前年同月比7.7%減、旅客輸送容量は前年同月比7.1%減、ロードファクターは前年同月比0.5ポイント減の81.4%となりました。

国際線における旅客輸送量は前年同月比8.9%減、旅客輸送容量は前年同月比7.2%減、ロードファクターは前年同月比1.4ポイント減の78.6%となりました。米国内線の旅客輸送量は前年同月比7.0%減、旅客輸送容量は前年同月比6.9%減、ロードファクターは前年同月比0.1ポイント減の83.1%となりました。

*各輸送実績の内訳は、添付をご参照ください。

デルタ航空は世界最大の航空会社です。アトランタ、シンシナティ、デトロイト、メンフィス、ミネアポリス/セントポール、ニューヨーク(JFK)、ソルトレイクシティ、パリ(シャルルドゴール)、アムステルダム、東京(成田)をハブ空港として、デルタ航空およびその傘下となったノースウエスト航空は、世界66カ国370都市へ運航し、搭乗者数は年間1億7,000万人以上にのぼります。デルタ航空のお客様は、スカイチームやそのほかの提携航空会社が運航する毎日1万6,000便以上のフライトについて、スカイマイルまたはワールドパークスのいずれかでマイルを獲得し、特典旅行に交換することができます。デルタ航空および世界7万人以上の従業員は、完全なグロバールネットワークを提供する米国唯一の航空会社として、航空業界の活性化を目指します。
 

Related Topics:
Share