【東京、2010年1月19日】 – デルタ航空(NYSE:DAL)とスカイチームは本日、日本航空が企業再生支援機構の支援をうけ、会社更生法の適用を申請したという発表を受けて、以下のコメントを発表しました。

「デルタ航空およびスカイチームは、日本航空を全面的に支援し、でき得る限りの支援と援助を行う所存です。そして日本航空が、企業再生支援機構の支援をうけて再建に成功し、再び航空業界での主要な地位を取り戻すと確信しています。デルタ航空も同様の再建プロセスを経て、2007年に財務面で最も健全な航空会社の一つとして再生を果たし、世界最大の航空会社になることができました。」

「法的整理が運航に影響を与えることはありません。お客様は、日本を代表する航空会社である日本航空をこれまでどおりご利用いただけます。」

 「デルタ航空は、日本航空とスカイチームとの戦略的な提携を目指して交渉を続けており、この提携が日本航空および全ての関係者にとって多大なメリットをもたらすと確信しています。」

スカイチームの加盟航空会社は、デルタ航空、エールフランス航空、KLMオランダ航空、アリタリア航空、アエロフロート航空、アエロメヒコ航空、中国南方航空、チェコ航空、大韓航空、アソシエート・メンバーはエア・ヨーロッパ、ケニア航空です。


 
 

Related Topics:
Share