【東京、2015年7月9日】 読売巨人軍のサポーティングカンパニーを務めるデルタ航空は、7月10日(金)に東京ドームで開催されるセ・リーグ公式戦、巨人対阪神戦にデルタ航空プレゼンツとして協賛します。試合観戦に訪れたお客様のうち先着20,000名様に巨人軍とデルタ航空のロゴ入り特製うちわをプレゼントするほか、モデルプレーンやオリジナルナップサックなどが当たるラッキーカードの配布、マスコットレースなどのアトラクションを実施します。

また、小学生野球チーム「吾妻スターズ」のメンバーが、選手と一緒に守備につく「オンユアマークス」やグラウンドキーパーを務めるほか、成田市ご当地キャラクターの「うなりくん」がデルタ航空特別応援団長として登場するなど、試合開始前から試合中まで様々な取り組みを行います。イベントの詳細は次のとおりです。

  • 巨人軍とデルタ航空のロゴ入り特製うちわを試合観戦のお客様先着2万名に配布
     
  • モデルプレーンや、オリジナルナップサックが当たる「ラッキーカード」を試合観戦のお客様先着2万名に配布
     
  • 小学生野球チーム「吾妻スターズ」のメンバーが、「デルタ・キッズ」として選手と一緒に守備につき、始球式を実施
     
  • 5回裏終了時には、ベースボールギアの着ぐるみをつけたランナーたちがゴールを目指すマスコットレースを実施
    デルタ航空のパイロットや客室乗務員がうなりくんと共に応援
     
  •  試合前に、バッティングのスィングスピードを競うゲームを実施し、参加者にデルタ航空グッズをプレゼントなど

デルタ航空は2014年から読売巨人軍のサポーティングカンパニーを務めており、東京ドーム巨人戦のプレミアムラウンジを「デルタ スカイ360° プレミアムラウンジ」と命名しています。東京ドーム巨人戦で冠試合を開催するのは、昨年に続き2回目です。

読売巨人軍の公式試合に関する詳細は、読売巨人軍公式サイトでご覧いただけます。http://www.giants.jp/

デルタ航空について
デルタ航空は、米国航空会社の中で最多の日本発着便を運航しています。成田空港をアジア地域のハブ空港と位置付け、成田から米国8都市のほか、リゾートやアジアに向けて直行便を運航しています。加えて、羽田空港、関西国際空港、中部国際空港セントレア、福岡空港からも毎日直行便を運航しています。また、プロゴルファーの藤田 寛之選手、有村 智恵選手、プロテニスプレーヤーの錦織 圭選手のオフィシャルエアライン、およびメジャーリーグ・ベースボールの日本におけるオフィシャルパートナーを務めています。

Share