*本リリースは7月27日に米国アトランタおよび中国上海にて、連名で発表されたリリースの翻訳です。参考翻訳のため、正確な表現は英語版および中国版をご参照ください。
英語版:
http://www.prnewswire.com/news-releases/china-eastern-and-delta-solidify-strategic-partnership-300118897.html

【米国アトランタ/中国上海、2015年7月27日】 – デルタ航空と中国東方航空は本日、両社の提携関係を拡大し、デルタ航空のグローバルネットワークと、中国航空大手の一社である中国東方航空のネットワーク間の乗り継ぎの利便性を高めることに合意しました。合意内容には、デルタ航空が4億5,000万米ドルを出資し、中国東方航空の株式の3.55%を取得することも含まれます。

今回の合意は、両社の協力関係とパートナーシップにとって重要な一歩です。米中両国の顧客により多くの旅の選択肢を提供し、顧客エクスペリエンスの向上に共同で投資をすることにより、米国と中国を結ぶ路線で、より効果的に競争力を発揮することができます。

1280_1024 (3).jpg

中国東方航空の最高経営責任者、劉紹勇(Shaoyong LIU)氏は次のように述べています。「デルタ航空との出資契約(Subscription Agreement)を実施し、商業面で協業プランを遂行することは、当社が徹底的に企業再編を進め、積極的に混合所有制経済(mixed ownership  economy)を発展させ、グローバル化を推進するという戦略的動向を表しています。両社の協力は、グローバルなビジョンと共同戦略プランに基づいています。両社はそれぞれが保有する路線網、サービス、ビジネス、優位性のあるリソースなどを効果的に活用しながら、世界の二大経済圏、かつ二大航空市場を完全に繋げることができます。両社の優れた運航と国際的な協力体制を通じて、お客様の旅行体験を最適化し、グローバルな競争力を高め、さらなる発展と利益の拡大を推進したいと考えています。」
デルタ航空の最高経営責任者、リチャード・アンダーソン(Richard Anderson)は次のように述べています。「中国東方航空とは長年にわたり協力関係を築いてきました。両社は、お客様に世界水準のサービスを提供し、米中間市場において長期的に最も利益を生むビジネスを構築するというビジョンを共有しています。3年前からは、中国東方航空のチームをアトランタ本社にお招きし、業務体験や研修を実施しています。これまでにもお互いに多くを学びましたが、今後も両社の効果的な提携関係をさらに深めていくことを楽しみにしています。」

中国東方航空および同社の完全子会社である上海航空、およびデルタ航空は、現在、米国内線の30路線、中国の国内線の43路線、および米国と中国を結ぶ太平洋横断路線7路線にてコードシェア(共同運航)を実施しています。中国東方航空は上海と米国の三大市場を1日4便の直行便で繋いでおり、デルタ航空は中国の三大都市(北京、上海、香港)と米国間で1日6便のノンストップ便を運航しています。

両社は今後も関係を強化し、米中間路線において、相互のネットワークへのアクセスの改善と顧客エクスペリエンスの向上を通じて互いをサポートします。最近の提携関係強化の事例は次のとおりです。

•    デルタ航空の上海-ロサンゼルス路線就航により、両社の中米路線での共同運航を拡大しました。特に最大の市場である上海での優位性をさらに強固なものにしました。
•    デルタ航空は最近、上海浦東空港の第二ターミナルから、中国東方航空と上海航空が使用する第一ターミナルに移動しました。この結果、両社のお客様の乗り継ぎの利便性が高まり、空港内のサービスが一体化され、手荷物の取り扱いがスムーズになりました。
•    共同で法人営業を行うことにより、米国および中国のお客様に、より競争力のあるサービスを提示できるようになりました。

株式投資
提携強化の一環として、中国東方航空とデルタ航空は条件付き出資契約に合意しました。デルタ航空は、香港証券取引所で取引されている中国東方航空の香港H株を4億5,000万米ドル分購入します。これは中国東方航空の香港H株の約10%、全株式の3.55%にあたります。デルタ航空はまた、中国東方航空の取締役会で一議席を獲得します。この出資契約の実効には、マーケティング契約の最終合意と、双方の取締役会における承認が条件となっています。

中国東方航空の最高経営責任者、劉紹勇(Shaoyong LIU)氏は、「中国東方航空とデルタ航空の提携は、世界の二大経済圏、かつ二大航空市場をつなぐ優れた航空会社2社による戦略的提携です。この提携関係の成功を確信しています」と付け加えています。

デルタ航空のリチャード・アンダーソンは、「デルタ航空の中国東方航空への出資は、将来的に提携関係を成功させるのための投資です。中国は、米国人の旅行需要第二位の渡航先です。今後も世界平均の2倍の速度で成長し、数年のうちに米国人の渡航需要第一位の市場になると予想されています」と付け加えています。

中国東方航空の米国路線
中国東方航空は上海から、米国4都市に向けて週35便を運航しています。内訳は上海-ロサンゼルスを1日2便、上海-ニューヨーク、上海-サンフランシスコ、上海-ホノルルを1日1便運です。また、南京-ロサンゼルス線を週3便運航しています。中国東方航空にとって今後主要市場となる中国-北米路線には、ボーイング777-300ERの新機材を投入しています。また、北米行きの新規路線の就航や既存路線の増便を検討しています。

デルタ航空の中国路線
デルタ航空は今夏、上海発便を週28便を運航します。加えて、シアトルとデトロイトから北京への直行便、シアトルから香港への直行便を運航しています。デルタ航空の中国路線は、この5年間で3倍近くに伸びています。中国東方航空との提携は中国市場での成長戦略の一環です。米国のグローバル航空会社として広範なネットワークを提供し、中国市場での存在感を高めていきます。デルタ航空は中国市場に注力し、両国をつなぐ路線において中国人旅行客に選ばれる航空会社になるべく、ウェブサイトの中国語コンテンツの拡充、空港でのセルフチェックイン機での中国語表記、機内エンターテインメントの中国語コンテンツの拡充、全ての中国発着国際線にて中国語を話す客室乗務員の乗務のほか、中国での人気ソーシャルメディア、WeChat(ウィーチャット)での公式アカウント開設などを進めています。

中国東方航空について
中国東方航空株式会社は、上海に本社を置く中国の大手航空会社です。1997年より、上海、香港、ニューヨークで上場しています。中国の民間航空業界で、この3都市全てでの上場を果たした最初のエアラインです。中国東方航空は、「お客様を第一にした献身的なサービス」を信条に、安全で快適な旅を長年にわたりお客様に提供しており、国際的に認められる機関から、「最も人気のあるエアライン」として認められています。旅客機と貨物機をあわせて計550機の航空機を保有しています。上海をメインハブに、西安と昆明を地方ハブとして位置づけ、177カ国の1,052ヶ所にネットワークを広げています。毎年世界各地の9,000万人以上のお客様にサービスを提供しています。2011年に航空連合スカイチームに加盟し、マイレージプログラム「東方万里行(Eastern Miles)」の会員数は2,284万人にのぼり、スカイチームに加盟する20の航空会社が提供する世界各地の516の空港でラウンジを利用できます。「世界の皆様に中国東方航空の魅力を味わっていただきたい」という願いの下、正確で細やかなサービスを通じて、世界の皆様にすばらしい旅行の体験を味わっていただけるよう努めています。「社員に愛され、お客様に選ばれ、株主様にご満足いただき、社会に信用される」統合型の航空サービスと物流サービスの会社を目指しています。
ホームページ:www.ceair.com;     お問い合わせ番号:+86 95530


デルタ航空について
デルタ航空は年間約1億7,000万人以上の搭乗者数と広範なネットワークを持つ航空会社です。フォーチュン誌の「2015年世界で最も賞賛される企業リスト」の航空業界部門(2015 World's Most Admired Companies Airline Industry List)において、5年間で4度目の1位を獲得し、「世界で最も賞賛される企業」トップ50社にも選ばれたほか、米ビジネストラベルニュース誌調査で初の4年連続トップに選ばれました。デルタ航空およびデルタ・コネクションは、世界64カ国、334都市に向けてフライトを運航しています。米国ジョージア州アトランタに本社を置き、世界で8万人近い従業員を擁し、700機以上の主要機材を運航しています。航空連合(アライアンス)「スカイチーム」の創立メンバーであり、大西洋路線においてはエールフランス-KLM、アリタリア-イタリア航空、およびヴァージン アトランティック航空と共同事業を展開しています。アトランタ、ボストン、デトロイト、ロサンゼルス、ミネアポリス/セントポール、ニューヨーク(ラ・ガーディアおよびJFK)、ソルトレイクシティ、シアトル、アムステルダム、パリ(シャルルドゴール)、東京(成田)をハブ空港および主要マーケットと位置づけ、提携航空会社と合わせて一日に1万5,000便以上のフライトを運航しています。機内および空港での顧客エクスペリエンスの向上を目指し、空港施設や機内プロダクトの改善、サービス向上とテクノロジー導入に数十億ドルを投資しています。詳しくはホームページdelta.comをご覧ください。

将来予想に関する記述
弊社の将来的な推定値、期待値、信条、意図、予測、戦略など、歴史的な事実ではないこのプレスリリースにおける記述は、1995年私募証券訴訟改革法で定義されている「将来予想に関する記述」の場合があります。すべての将来予想に関する記述には、将来予想に関する記述の中で反映または示唆される推定値、期待値、信条、意図、予測、戦略から実績を著しく異ならせる可能性のある、多数の危険性と不確実性が存在します。このような危険性と不確実性には、航空機燃料費、航空機燃料の可用性、ヘッジポートフォリオのリバランス、MTM調整額の計上、弊社の燃料ヘッジ契約に関連した担保供与の影響、弊社の航空機が関与する事故によって発生する可能性のある影響、弊社の融資契約の財務制限条項が弊社の財務活動および事業経営に与えることになる制限、労働問題、弊社のいずれかのハブ空港におけるサービスの中断または混乱、弊社の情報技術インフラストラクチャの停止やセキュリティ侵害、弊社の運営上の技術依存度、弊社事業における天候、自然災害、季節性による影響、第三者的な地方路線キャリアに起因する長期的なサービスの混乱がもたらす影響、モンロー・トレイナー精油所での大規模な損害賠償に対する保険適用能力の欠如、再生可能燃料標準規制に関連するコストを含むトレイナー精油所に対する環境規制の影響、弊社の経営陣および主要な従業員を維持する能力、航空産業における競争状態、弊社事業に対する大幅な行政規制、経済状況の停滞または悪化によって航空業界が被る長期的な悪影響、テロ攻撃の影響または地政学的な紛争、伝染病の急速なまん延による影響などがあります。純営業損失による将来的な課税対象収入の相殺の可能性、実績と将来予想に関する記述の間に相違を発生させる、危険性および不確実性に関する追加情報については、2014年1月1日~12月31日会計年度用のForm 10-Kに記載された弊社の「年次報告」など、弊社の米国証券取引委員会関連ファイルに記載されています。なお、弊社の将来予想に関する記述は、15.07.27現在の弊社の観点を表すもので、現時点では更新の意図がないため、過度に依存することのないようご注意ください。

Related Topics:
Share