【東京、2016712日】 – デルタ航空(NYSE:DAL)は、7 月 16 日(土)、17 日(日)に渋谷ヒカリエで開催される「ハワイエキスポ2016」(HAWAI'I EXPO 2016、主催:ハワイ州観光局)に出展し、東京、大阪、名古屋、福岡の4大都市とホノルルを結ぶ直行便のサービス紹介と認知度促進を図ります。

デルタ航空ブースでは、ビジネスクラス「デルタ・ワン」に搭載されている、完全に水平になるフルフラットベッドシートを展示し、座り心地、寝心地を体感いただけるスペースを設けるほか、うちわや機内誌を無料配布(数量限定)します。また、ブース内で写真を撮ってSNSに投稿するとフォトカードをプレゼントするキャンペーンを実施します。

撮影の際には、アメリカから来日する現役のパイロットや客室乗務員と一緒に写真を撮ることもできます。ご自身のスマートフォンで撮影した写真を、SNS上でハッシュタグ「#デルタ航空でハワイ」をつけて投稿すると、その場で投稿写真をフォトカードにしてプレゼントします。さらに、フォトカードに当たりのマークがついていれば、デルタ航空特製テディベアや、組み立てると飛行機になるブロックなどをプレゼントします。

ハワイエキスポについて
Hawaii Expo 2016は、「観て:視覚」「触って:触覚」「聴いて:聴覚」「薫る:嗅覚」「味わう:味覚」といった5感で、ハワイを体感できることをコンセプトとして、ハワイへのリピーターをはじめハワイへ渡航したことがない方々に向けて、ハワイのイメージを具体的に、ハワイの魅力を再発見できるなど、夏休みの始まりを渋谷のハワイで過ごせる2日間のハワイイベントです。「ハワイが渋谷にやってくる!!」というキャッチフレーズのもと昨年初めて開催され、二日間で1万3千人を超える来場者を迎え、大成功を収めました。今年はさらにスケールを拡大させ、渋谷ヒカリエの9階ヒカリエホールにて開催されます。入場無料。主催:ハワイ州観光局
イベント詳細は公式サイトをご参照ください。www.hawaiiexpo.jp/


ハワイエキスポのオフィシャルロゴ

Hawaii Expo 2016 logo


デルタ航空記念写真ブース(イメージ)

KIX event image
    

デルタ航空について
デルタ航空は年間約1億8,000万人近くの搭乗者数と広範なネットワークを持つ航空会社です。フォーチュン誌の「2015年世界で最も賞賛される企業リスト」の航空業界部門(2015 World's Most Admired Companies Airline Industry List)において、6年間で5度目の1位を獲得し、「世界で最も賞賛される企業」トップ50社にも選ばれたほか、米ビジネストラベルニュース誌調査で初の5年連続トップに選ばれました。デルタ航空およびデルタ・コネクションは、世界62カ国、337都市に向けてフライトを運航しています。米国ジョージア州アトランタに本社を置き、世界で8万人以上の従業員を擁し、800機以上の主要機材を運航しています。航空連合(アライアンス)「スカイチーム」の創立メンバーであり、大西洋路線においてはエールフランス-KLM、アリタリア-イタリア航空、およびヴァージン アトランティック航空と共同事業を展開しています。アトランタ、ボストン、デトロイト、ロサンゼルス、ミネアポリス/セントポール、ニューヨーク(ラ・ガーディアおよびJFK)、ソルトレイクシティ、シアトル、アムステルダム、パリ(シャルルドゴール)、ロンドン(ヒースロー)、東京(成田)をハブ空港および主要マーケットと位置づけ、提携航空会社と合わせて一日に1万5,000便以上のフライトを運航しています。機内および空港での顧客エクスペリエンスの向上を目指し、空港施設や機内プロダクトの改善、サービス向上とテクノロジー導入に数十億ドルを投資しています。詳しくはホームページdelta.comをご覧ください。 
 

Share