米国時間2016年2月18日、日米航空交渉の合意を受けて、デルタ航空ではコメントを発表しました。
英語原文および日本語訳は次のとおりです。

“Delta is deeply disappointed with the final agreement reached today between the U.S. and Japanese governments to incrementally open the Tokyo-Haneda airport. Tokyo-Haneda will remain a severely restricted airport with limited competition. Delta is committed to doing our best to maintain the viability of our current Asian route structure and our Narita hub for as long as possible, recognizing that commercial impacts are imminent. Delta will make a careful assessment and adjust our network accordingly.”

– Peter Carter, E.V.P. and Chief Legal Officer

 

デルタ航空の執行副社長兼最高法務責任者のピーター・カーターは、次のように述べています。

「デルタ航空は、本日日米両政府が、羽田空港の昼間の発着枠の部分的な開放に合意したことを非常に残念に思います。羽田空港では引き続き競争が制限され、厳しく規制された空港となると思われます。当社の事業が影響を受けることは避けられないと見ていますが、成田のハブ機能および現在のアジア路線をできるだけ長く存続できるよう最善を尽くす所存です。これから綿密な分析を行い、その結果に基づき路線の調整を行う予定です。」

 

Share