Skip to main content

Delta News Hub Logo

2019年4月2日より関空出発便をデイリー運航、予約受付を開始

【大阪、2018710日】 – デルタ航空(NYSE:DAL)は、先月運航再開を発表した関西国際空港(KIX)とシアトル国際空港(SEA)を結ぶ直行便の詳細を決定しました。シアトル発関空行きは2019年4月1日、関空発シアトル行きは4月2日に運航を開始し、毎日1便運航します。フライトスケジュールは次の通りです。

便名   出発                           到着                                使用機材    運航開始日    
DL182 関空 4:00pm発     同日9:55am シアトル着 B767-300ER 2019年4月2日 
DL183 シアトル 11:55am発 翌日3:25pm 関空着 B767-300ER 2019年4月1日

使用機材は、ボーイングB767-300ER型機で、ビジネスクラス「デルタ・ワン」のフルフラットベッドシートが25席、足もとの広い「デルタ・コンフォートプラス」が29席、エコノミークラス「メインキャビン」が171席の計225席となります。全座席に機内エンターテイメント用画面と電源を装備し、機内Wi-Fiも利用できます。機内食は、ミシュラン二つ星を獲得した上野法男シェフによる和食を全ての客室で提供します。

デルタ航空は現在、成田-シアトル便をデイリーで運航しており、日本からシアトルへの直行便は、成田に加え2本目となります。

デルタ航空日本支社長の森本大(もりもと・まさる)は、「デルタ航空は、シアトルで最大のグローバルエアラインとして成長を続けています。成田と関空の両方から直行便を運航することにより、東日本と西日本のお役様に、シアトルおよびシアトル経由で、全米を網羅する広範なデルタ航空のネットワークをご利用いただけるようになります。」と述べています。

デルタ航空は、年々シアトルの運航規模を拡大しており、2018年夏期の国内線3路線の新規就航、既存路線における機材大型化と便数の増加により、ピーク日の座席数は昨年同期に比べ10%増となります。2018年7月のピーク日の出発便は54都市行き174便となり、昨年夏期よりも11便増え2014年夏期と比べると96便増えています。

関空-シアトル線は、大韓航空との太平洋路線における共同事業(ジョイントベンチャー)に含まれ、両社便とのスケジュールの最適化、よりシームレスな顧客エクスペリエンスの提供、マイレージプログラム特典の改善などの対象路線となります。デルタ航空と大韓航空は、日本の12都市と仁川空港を結ぶ路線、および成田ーホノルル線を共同運航しており、今後も日本の就航都市からの共同運航便を増やしていく計画です。

デルタ航空について
デルタ航空は年間約1億8, 000万人以上の搭乗者数と広範なネットワークを持つ航空会社です。フォーチュン誌の「2018年世界で最も賞賛される企業リスト」の航空業界部門(2018 World's Most Admired Companies Airline Industry List)において、8年間で7度目の1位を獲得し、「世界で最も賞賛される企業」トップ50社にも5年連続で選ばれたほか、米ビジネストラベルニュース誌調査で初の7年連続トップに選ばれました。デルタ航空およびデルタ・コネクションは、世界57カ国、324都市に向けてフライトを運航しています。米国ジョージア州アトランタに本社を置き、世界で8万人超の従業員を擁し、800機以上の主要機材を運航しています。航空連合(アライアンス)「スカイチーム」の創立メンバーであり、大西洋路線においてはエールフランス-KLM、アリタリア-イタリア航空、およびヴァージン アトランティック航空と共同事業を展開しています。アトランタ、ボストン、デトロイト、ロサンゼルス、ミネアポリス/セントポール、ニューヨーク(ラ・ガーディアおよびJFK)、ソルトレイクシティ、シアトル、アムステルダム、パリ(シャルルドゴール)、ロンドン(ヒースロー)、サンパウロ、メキシコシティ、ソウルおよび東京(成田)をハブ空港および主要マーケットと位置づけ、提携航空会社と合わせて一日に1万5,000便以上のフライトを運航しています。機内および空港での顧客エクスペリエンスの向上を目指し、空港施設や機内プロダクトの改善、サービス向上とテクノロジー導入に数十億ドルを投資しています。詳しくはホームページdelta.comをご覧ください。 

日本語 (Japanese)

Related Topics

Related topics