·         社内ベンチャーの「デルタ・フライト・プロダクツ」が、「ビンジ・ボタン」などの新機能を試験運用

·         ReFrameとのパートナーシップにより、映画およびテレビにおける男女平等をサポートし、機内エンターテインメントの多様性を構築

 

【ラスベガス、202017日】 機内エンターテインメントの充実に力を入れているデルタ航空(NYSEDAL)は、、すでに600機以上の航空機に個人モニタースクリーンを設置し、業界に先駆け無料のストリーミングサービスと機内無料メッセージ送信サービスを提供していますが、新たなパートナーシップと完全子会社であるデルタ・フライト・プロダクツ(Delta Flight Products)とともに、さらなるエンターテインメントの強化を図っています

デルタ・フライト・プロダクツとともにトラベル・エンターテインメントの未来を築く

デルタ航空は、未来のトラベル・エンターテインメントは、機内だけでなく旅行の全行程で、お客様に無料で魅力的なコンテンツを提供するものになると予測しています。 シームレスにネットワークに接続することができるようになれば、チェックイン後すぐに、「フライ・デルタ」アプリのデジタル・コンシェルジュ機能を使って、個人の端末から映画やTVシリーズや音楽にアクセスし、搭乗後は座席の個人モニターで続きを観賞することができます。

デルタ・フライト・プロダクツは、2016年にデルタ航空の社内ベンチャーとして設立されました。航空機の内装に特化し、デルタ航空のA220型機、A330-900neo型機、改装済み 767-400s型機に搭載されている革新的なワイヤレス機内エンターテインメント(IFE)システムなど、画期的な顧客エクスペリエンスを迅速に開発しました。業界初のこの新しいワイヤレスシステムは、最新の柔軟なアーキテクチャで構築されているため、新機能や新性能を迅速かつ容易にプラットフォームに追加することができます。

わずか10人の従業員で発足したデルタ・フライト・プロダクツは、いまや300人以上の専門家集団に成長し、デルタ航空のお客様のために、エンターテインメントの未来を着々と現実のものにしています。

 

未来に向けて新機能の試験運用を開始

デルタ航空は今年、「ビンジ・ボタン」などの新機能の試験運用を開始し、エンターテインメントの新時代に向けた第一歩を踏み出します。「ビンジ・ボタン」によってお客様は、好きなTVシリーズの全シーズンをまとめて視聴できるようになります。

パーソナライズされたエクスペリエンスを好むお客様に対しては、過去の視聴行動に基づいて選択された推奨アイテムを表示する「あなたへのお勧め」機能を試験的に導入します。

また、一部の長距離路線のメインキャビンのお客様を対象に、「起こさないでください(Do not disturb)」や「食事の時には起こしてください」などの表示機能を試験的に導入します。

 

ReFrame(リフレーム)との業界初のパートナーシップにより、多様なエンターテインメントを展開

グローバル航空会社の責務として、ダイバーシティの追求、公平性の創出、代表権の増加を推進しているデルタ航空は、航空会社で初めて、リフレーム・スタンプ基準を満たした映画やテレビ番組を集めた専用チャンネルを提供します。リフレーム・スタンプとは、作家、監督、プロデューサー、主演、助演、声優、部門長、撮影クルーといった制作の8つの主要分野のうち4つにおいて女性が含まれているなどの特徴を識別するためのマークです。

専用チャンネルは、2月に機内上映を開始します。新作品のスタンプの取得に伴い、年間を通じて順次コレクションを増やしていく予定です。

さらにデルタ航空は、「ウーマン・イン・フィルム」への年間125,000ドル相当の現物寄付に加え、「フィルム・フィニッシング・ファンド」や「クリスタル&ルーシー賞」など数々の活動への支援金として100,000ドルをReFrameに寄付します。

デルタ航空は、ご搭乗のお客様と同様に多様なエンターテインメントのオプションを提供することにコミットしており、近年、Hulu OriginalsからSpotifyポッドキャストに至るまで、新しい革新的なサービスを導入しています。 昨年12月には、Disney+(ディズニー プラス)との新しいパートナーシップを発表しました。

新しい機内エンターテインメントは、CES2020期間中、デルタ航空ブース#14035にてご体験いただけます。

 

ReFrame(リフレーム)について

ReFrameは、ウィーメン・イン・フィルムおよびサンダンス・インスティテュートが設立、運営している非営利団体で、独特な戦略、ピア・ツー・ピア・アプローチを採用し、75人を超えるリフレーム・アンバサダーが、50社を超えるパートナー企業のトップと連携しながら、リフレーム・プログラムを実施しています。パートナー企業が、クリエイティブな意思決定や採用プロセスにおけるバイアスを緩和し、すべてのレベルにおいてより多くのジェンダーを代表する業界へと成長できるよう、調査、サポート、実用的なフレームワークを提供しています。 詳細については、ReFrame Culture Change Handbookをダウンロードするか、ReFrameProject.orgをご覧ください。

 

デルタ航空について

デルタ航空は、プロダクトとサービス、テクノロジー、運航の信頼性、顧客エクスペリエンスにおいて業界をリードする米国のグローバル航空会社です。世界で8 万人超の従業員を擁し、50カ国以上300都市以上のグローバルネットワークを有し、1日の出発便数は5,000便以上、年間2億人近いお客様にご利用いただいています。ここ数年間、デルタ航空は、顧客エクスペリエンスの変革において業界をリードしています。例えば、アトランタ国際空港の国際線ターミナル全体に生体認証を導入、RFIDタグによる手荷物の追跡、モバイル用Fly Deltaアプリによる自動チェックイン機能、機内でのシームレスなインターネット接続のための提携、保安検査レーンの自動化、パイロットが乱気流を避けるための気象予測アプリの開発などがあります。デルタ航空にとっての最大の競争力である従業員の業務支援にも投資しており、客室乗務員がお客様によりパーソナルなサービスを提供できるよう情報端末を配布しています。このようなすべての取り組みに対し、ファストカンパニーによる「世界で最も革新的な企業」の一社に2年連続で選ばれ、フォーチュン誌の「最も賞賛すべき企業」にも9年間で8回選ばれています。
Related Topics: