デルタ航空(NYSE:DAL)は、2021年12月を期末とする第4四半期と2021年通年の業績、および2022年第1四半期予測を発表しました。
  • GAAP会計基準では2021年第4四半期の税引前損失は39500万ドル、税引前利益率は−4.2%、営業収益合計は95億ドルで1株当たり損失は0.64ドル。
  • 調整済み会計基準では2021年第4四半期の税引前利益は17000万ドル、税引前利益率は2.0%、営業収益は84億ドルで、希釈後1株当たり0.22ドル。
  • GAAP会計基準による2021年通年の税引前利益は39800万ドル、営業収益合計は299億ドル。
  • 調整済み会計基準による2021年通年の税引前損失は34億ドル、営業収益は267億ドル。

 

デルタ航空(NYSE:DAL)は、202112月を期末とする第4四半期と2021年通年の業績、および2022年第1四半期予測を発表しました。GAAP基準および調整済みの結果を含む、デルタ航空の2021年第4四半期および通年の業績を5ページに記載いたします。概要は以下のとおりです。

デルタ航空の最高経営責任者、エド・バスティアン(Ed Bastian)は次のように述べています。「2021年は、デルタ航空にとって特別な年となりました。ブランド力の向上により大きな回復軌道に乗せることができたため、米国の航空会社で唯一、下半期に黒字化を達成しました。こうした成功はデルタ航空の従業員のおかげであり、今朝特対象となる従業員に対する特別なプロフィットシェアリング(利益分配)を発表しました。オミクロン株の急速な拡大によってスタッフの配置にも大きな影響が出ており、旅行業界全体に混乱が生じましたが、デルタ航空の運航は先週から安定し、休暇シーズン前の状況に戻っています。オミクロン株によって需要の回復が60日程度遅れることが予想されていますが、すでにピークアウトの傾向が見られるため、春と夏の旅行シーズンには一般消費者やビジネスユーザーによるリベンジ需要が拡大することを確信しています。」

202110月~12月期の業績概要 

  • 調整済み税引前利益の17000万ドルには、主として持分法による損失、評価替えによる投資額調整、特別なプロフィットシェアリングの支払いによる56400万ドル分は含まれていません。
  • 精油所の売上を除く調整済み営業収益は84億ドルでした。2019年第4四半期に比べて輸送容量は79%、収益は74%まで回復しました。
  • 営業経費合計は2019年第4四半期に比べて83300万減少しました。サードパーティへの精油所売上分を調整した経費合計は、2019年第4四半期と比べて19億ドル(19%)減少しました。
  • 当四半期中のアメリカン・エキスプレスからの収益は12億ドルで、2019年第4四半期と比べて11%増加しました。
  • 4四半期末時点でのデルタ航空の流動性は142億ドルでした。これには現金および現金同等物、短期投資、リボルビング与信枠残高が含まれます。

2021年通年の業績 

  • 調整済み税引前損失34億ドルにはPSPPayroll Support Programs)関連の38億ドルは含まれておらず、一部は持分法損失、負債償却費用、特別なプロフィットシェアリングの支払いによって相殺されています。
  • 2021年下期中の税引前利益は11億ドルでした。PSPを除いた評価替え調整額、持分法損失、負債償却費用を計上した2021年下半期中の調整済み税引前利益は38600万ドルでした。
  • サードパーティへの精油所の売上を除く2021年通年の調整済み営業収益は267億ドルでした。2019年通年に比べて輸送容量は71%、収益は57%まで回復しました。
  • 営業経費合計にはPSP関連の補助金45億ドルが含まれていますが、2019年に比べると124億ドル減少しています。PSP関連の補助金とサードパーティへの精油所の売上に伴う費用分を調整した営業経費合計は、2019年に比べて109億ドル(27%)減少しました。
  • 2021年通年のアメリカン・エキスプレスの売上は40億ドルで、2019年通年と比べて98%まで回復しました。
  • 業務再開に向けて29億ドルの投資を行い、70億ドルの返済金圧縮を行いました。これには年金保護法(Pension Protection Act)に基づく年金資金の完全な確保も含まれています。
  • 2021年末時点におけるデルタ航空の負債とファイナンスリースの債務合計は269億ドルで、調整済みの純負債額は206億ドルでした。

プレスリリース全文はこちらをご覧ください。

将来予想に関する記述

弊社の将来的な推定値、期待値、信条、意図、予測、戦略など、歴史的な事実ではないこのプレスリリースにおける記述は、1993年の証券法とその改定版、1934年の証券取引法とその改定版、1995年私募証券訴訟改革法で定義されている「将来予想に関する記述」と見なす必要があります。この種の記述内容は保証されておらず、成果を約束するものではありません。すべての将来予想に関する記述には複数のリスクと不確定要素が関連しており、将来予測に関する記述で反映または示唆された推定値、期待値、信条、意図、予測、目標、願望、コミットメント、戦略と大きく異なる場合があります。実績と将来予想に関する記述の間に相違を発生させる危険性および不確実性には、新型コロナウイルスのパンデミックが弊社事業に及ぼす深刻な悪影響、パンデミックへの対応のための多額の負債、弊社の融資契約における財務その他の条項の違反、弊社または弊社のパートナー企業の航空機が関与する事故によって発生する可能性のある影響、弊社が依存している技術システムのセキュリティ侵害または不備、弊社の情報技術インフラストラクチャの中断、弊社の運営上の技術依存度、他国の航空会社とのビジネス上の関係および当該企業への投資、弊社が依存している第三者の業務上または経営上の深刻な中断による影響、無形資産または長期資産を完全に活用できない状況、労働問題、天候、自然災害、季節性による弊社事業への影響、航空機燃料費と燃料の可用性、モンロートレイナー精油所での大規模な損害賠償に対する保険適用能力の欠如、再生可能燃料標準規制遵守に関連するコストなど、モンロー精油所が既存および将来的な環境規制に違反したことによる影響、弊社の経営陣およびその他主要な社員および企業カルチャーを維持する能力、大規模な非難や中傷のリスクなど企業としての評判やブランドが大きく棄損される行為、テロ攻撃や地域紛争、セキュリティ事象による影響、航空産業における競争状態、弊社が就航している主要空港におけるサービスの長期的な中断または混乱、運用している航空機やエンジンの種類に関連する深刻な問題、弊社事業に対する大幅な行政規制の影響、二酸化炭素排出量規制の強化やその他の気象変動関連のリスクなど、弊社事業に対する環境規制厳格化の影響、弊社が事業を展開している市場の経済状況または政情悪化、外国為替レートの変動がありますが、これらに限定されません。

実績と将来予想に関する記述の間に相違を発生させる、危険性および不確実性に関する追加情報については、202011日~1231日会計年度のForm 10-Kに記載された弊社の年次報告と202179月期の四半期報告など、弊社の米国証券取引委員会関連ファイルに記載されています。なお弊社の将来予測に関する記述は本プレスリリース発行日現在の弊社の観点を示すもので、現時点では法律で定められた場合を除き、更新の意図がないため、過度に依存することのないようご注意ください。

Related Topics:
Share