• 2021年第2四半期のGAAP税引前利益は7億7600万ドル、1株当たり1.02ドルの利益で、収益合計は71億ドル
  • 2021年第2四半期の調整済み税引前損失は8億8100万ドル、1株当たり1.07ドルの調整済み損失で、調整済み収益合計は63億ドル
  • 需要回復に伴い、6月単月で堅調な税引前利益を達成。先日A350型機7機、737-900ER型機29機の追加を発表。

【米国アトランタ、2021年7月14日】 - デルタ航空(NYSE:DAL)は本日、2021年6月を期末とする2021年第2四半期の業績と2021年第3四半期の業績予測を発表しました。GAAP基準および調整済みの結果を含む、デルタ航空の2021年第2四半期の業績を6ページに記載します。概要は以下のとおりです。

デルタ航空の最高経営責任者、エド・バスティアン(Ed Bastian)は次のように述べています。「業界で最も優れた従業員と運航実績、そして需要の増加により、6月単月で税引前利益の確保し、第2四半期のキャッシュフローがプラスになるなど、当四半期中に重要なマイルストーンを達成することができました。また、J.D. パワー社による2021年航空会社調査で、デルタ航空の従業員とブランド力により、トップの座を獲得しました。今後はブランド力と回復力のある強い競争力を生かして、2021年下半期も収益性を持続し、長期的な価値創出を目指します。米国内のレジャー旅行需要は2019年のレベルにまで完全に回復し、ビジネスや海外旅行についても明るい兆しが見えてきました。回復基調がさらに明確になる中、業界をリードする運航実績をサポートするために投資を行っています。規律ある資本投資によって航空機を追加購入し、2022年およびそれ以降の輸送容量の増加に対応できるよう柔軟性を高めています。のように述べています。」

2021年4月~6月期の業績概要 

  • 調整済み税引前損失8億8100万ドルには第1回目と第2回目の給与サポートプログラム(PSP2およびPSP3)に関連する15億ドルの補助金と投資の時価調整分は含まれていません。
  • 販売可能輸送容量が2019年第2四半期と比べて39%減少したため(注Aを参照)、精油所の売上分を除く調整済み営業利益は49%減の63億ドルでした。
  • 営業経費合計は2019年第2四半期と比べて41億ドル減少しました。これにはPSP2およびPSP3関連の補助金15億ドルが含まれています。PSPプログラムとサードパーティへの精油所売上分を調整した営業経費合計は、2019年第2四半期と比べて33億ドル(32%)減少しました。
  • 2四半期中に創出した営業キャッシュフローは19億ドルで、フリーキャッシュフローは15億ドルでした。当四半期中の調整済みフリーキャッシュフローは1億9500万ドルでした。
  • 2四半期末時点でのデルタ航空の流動性は178億ドルでした。これには現金および現金同等物、短期投資、リボルビング与信枠残高が含まれます。デルタ航空の負債とファイナンスリースの債務合計は291億ドルで、調整済みの純負債額は183億ドルでした。

詳細はこちらをご覧ください。

Related Topics:
Share