Skip to main content

Delta News Hub Logo

Follow Delta News Hub on Twitter Follow Delta News Hub on Facebook Follow Delta News Hub on LinkedIn Email Delta News Hub

2016年12月27日 *本リリースは12月21日に米国アトランタで発表されたリリースの翻訳です。

【米国アトランタ、2016年12月21日】 – デルタ航空(NYSE:DAL)とアエロメヒコ航空は米国時間12月21日、米国運輸省(DOT)から、両社に独占禁止法適用除外(ATI)を承認し、共同事業提携(Joint Cooperation Agreement)を認める最終決定(Final Order)を受理しました。この歴史的な提携により、メキシコと米国間の国境を越えた最大の提携関係を構築し、市場競争を促進し、両社のお客様に利益を提供することになります。

デルタ航空最高経営責任者、エド・バスティアン(Ed Bastian)は次のように述べています。「デルタ航空とアエロメヒコ航空が協力することにより、米国-メキシコ間の市場において単独では成し得ない強力な地位を築くことができます。この提携により、両国間を移動するお客様に、より多くの渡航地に向けたより多くのフライトと、より多くの選択肢を提供することができるようになります。私たちは、業界最高水準の信頼性、優れたサービス、数多くの旅の選択肢を提供します。」

米国運輸省およびメキシコ連邦競争委員会(Mexican Federal Economic Competition Commission)が定めた条件を満たし次第、アエロメヒコ航空とデルタ航空は、渡航先や便数の増加、乗り継ぎ便のスケジュール調整、シームレスな相互運航など、お客様の旅行体験を向上させるためのコーディネーションができるようになります。また、搭乗ゲートやラウンジ施設を改善するために空港施設に投資したり、共用することにより、空港での顧客エクスペリエンスを向上することも可能になりいます。さらにジョイント・セールスやマーケティング活動も増やす予定です。

デルタ航空は、ハブ空港であるアトランタ、デトロイト、ロサンゼルス、ミネアポリス-セントポール、ニューヨーク、ソルトレイクシティ、シアトルを拠点に米国内での充実したネットワークを提供し、アエロメヒコ航空は自身のハブ空港であるメキシコシティ、モンテレイ、グアダラハラを玄関口としてメキシコ国内への広範なアクセスを提供します。

デルタ航空とアエロメヒコ航空は、22年間にわたり提携関係を築いてきました。米国運輸省の承認は、昨年発表した、デルタ航空によるアエロメヒコ航空を傘下に持つGrupo Aeromexico S.A.B. de C.V.への最大49%の株式取得に向けた現金交付による株式公開買い付けのプロセスにおいても重要な一歩となります。

アエロメヒコ航空について
Grupo Aeromexico, S.A.B. de C.V.はメキシコで民間航空事業やロイヤルティープログラム事業を行う子会社を傘下に置く持ち株会社です。メキシコ最大の航空会社であるアエロメヒコ航空は主要ハブ空港とするメキシコシティ国際空港の第2ターミナルから毎日600便以上を、メキシコ国内45都市、米国18都市、中南米15都市、欧州4都市、アジア2都市、カナダ4都市を含む3大陸80都市以上へ運航しています。グループが保有する130機近い航空機群はボーイング787、777、737ジェット旅客機および次世代のエンブラエル145、170、190です。アエロメヒコ航空は2012年に、ボーイングから737MAXを90機、787-9ドリームライナー10機の計100機を購入するというメキシコ航空史上で最も重要な投資戦略を発表しました。アエロメヒコ航空は航空連合スカイチーム(SkyTeam)の創設メンバーとして、加盟20航空会社が就航する177カ国、1000都市以上にサービス網を広げ、お客様は世界672カ所の空港プレミアムラウンジを利用できるなどの特典があります。また、デルタ航空、アラスカ航空、アビアンカ航空、コパ航空、ウェストジェットとのコードシェア便を通じて米国、ブラジル、カナダ、チリ、コロンビア、ペルーなどの諸国への広範な乗り継ぎ機会を提供しています。アエロメヒコ航空に関する詳細はウェブサイトでご覧いただけます。www.aeromexico.comwww.skyteam.com.

AeroMexico Graphic

デルタ航空について

デルタ航空は年間約1億8,000万人近くの搭乗者数と広範なネットワークを持つ航空会社です。フォーチュン誌の「2015年世界で最も賞賛される企業リスト」の航空業界部門(2015 World's Most Admired Companies Airline Industry List)において、6年間で5度目の1位を獲得し、「世界で最も賞賛される企業」トップ50社にも選ばれたほか、米ビジネストラベルニュース誌調査で初の6年連続トップに選ばれました。デルタ航空およびデルタ・コネクションは、世界57カ国、323都市に向けてフライトを運航しています。米国ジョージア州アトランタに本社を置き、世界で8万人近い従業員を擁し、800機以上の主要機材を運航しています。航空連合(アライアンス)「スカイチーム」の創立メンバーであり、大西洋路線においてはエールフランス-KLM、アリタリア-イタリア航空、およびヴァージン アトランティック航空と共同事業を展開しています。アトランタ、ボストン、デトロイト、ロサンゼルス、ミネアポリス/セントポール、ニューヨーク(ラ・ガーディアおよびJFK)、ソルトレイクシティ、シアトル、アムステルダム、パリ(シャルルドゴール)、ロンドン(ヒースロー)、東京(成田)をハブ空港および主要マーケットと位置づけ、提携航空会社と合わせて一日に1万5,000便以上のフライトを運航しています。機内および空港での顧客エクスペリエンスの向上を目指し、空港施設や機内プロダクトの改善、サービス向上とテクノロジー導入に数十億ドルを投資しています。詳しくはホームページdelta.comをご覧ください。 
 

日本語 (Japanese)
Follow Delta News Hub on Twitter Follow Delta News Hub on Facebook Follow Delta News Hub on LinkedIn Email Delta News Hub

Related Topics

Related topics