【東京、201837日】 – デルタ航空(NYSE:DAL)は本日、ハワイを代表するミュージシャンで、日本に多くのファンを持つケアリイ・レイシェル氏のオフィシャル・エアラインに就任しました。今後は同氏の日本ツアーをはじめ、日本とハワイで開催されるイベントや音楽・芸術活動をサポートするほか、東京、大阪、名古屋、福岡の4都市とホノルルを結ぶハワイ路線の広告やプロモーション、キャンペーンなどに起用する予定です。

オフィシャル・エアライン契約のもと、ケアリイ・レイシェル氏がハワイと日本の間を移動する際には、デルタ航空の直行便を利用することになります。デルタ航空は、国際線最上位クラスとなるビジネスクラス「デルタ・ワン」に搭乗し、ホノルルと成田空港ではラウンジ「デルタ スカイクラブ」をご利用いただくことで、移動先でも最高のコンディションでパフォーマンスを行えるようサポートします。また、3月18日から24日まで開催される日本公演「ケアリイ・レイシェル・ジャパンツアー2018」に特別協賛します。

レイシェル氏は「みなさん、アロハ!私ケアリイ・レイシェルは日本に旅立つ時、常にデルタ航空を利用しています。
このたびデルタ航空のブランド アンバサダーに就任できたことを光栄に思います。」とコメントを寄せています。

デルタ航空日本支社長の森本大(もりもと・まさる)氏は、次のように述べています。「ハワイを代表するミュージシャンであり、フラダンスの指導者でもあり、そしてハワイ文化の伝道者でもあるケアリイ・レイシェル氏のオフィシャル・エアラインとして、デルタ航空は、ハワイ音楽やフライベントを積極的に支援していきます。レイシェル氏とのパートナーシップにより、さらに多くのお客様にデルタ航空のホノルル路線の魅力を知っていただき、ご利用いただけるきっかけになることを期待しています。」

KealiiReichel
マウイ島の海岸にて

デルタ航空のハワイ路線について
デルタ航空は成田(東京)、関空(大阪)中部(名古屋)福岡の日本の4大都市とハワイのホノルルを直行便で結んでいます。ビジネスクラス「デルタ・ワン」は、完全に水平になるフルフラットベッドシートで、全席が通路に直接出られる1-2-1の座席配列です。和洋選べるコース料理、一流のワインとリキュール類、ウェスティンホテル開発のヘブンリー寝具、TUMIのアメニティキットと共に快適にお過ごしいただけます。エコノミークラス「メインキャビン」では、日本語メニュー、スリープキットと機内用スリッパをご用意し、お食事とスターバックスコーヒー、ソフトドリンク類、ビール、ワイン、スパークリングワイン、日本酒などが全て無料です。足もとが約10センチ広く、リクライニング角度が1.5倍になる「デルタ・コンフォートプラス」では、メインキャビンのサービスに加え、優先搭乗のサービスや、専用の頭上の荷物棚が利用いただけるほか、歯磨きセット入りのアメニティキットを提供します。最新のオンデマンド型機内エンターテインメントシステム「デルタ・スタジオ」は、全席個人用モニターで充実のラインナップを無料でお楽しみいただけます。詳しくはデルタ航空ウェブサイトdelta.comをご覧ください。delta.com

ケアリイ・レイシェルについて
ケアリイ・レイシェルは、ハワイのマウイ島・ラハイナ育ちのアーティストです。ハワイのグラミー賞と言われるナ・ホク・ハノハノ・アワード(Na Hoku Hanohano Awards)で19回の受賞経験を持ち、ビルボード誌のワールドミュージック部門に頻繁に登場するなど、広く世界中に名前が知られる一流ミュージシャンです。フラの指導者「クムフラ」でもあり、クムがフラの踊り手のために唱えたり、踊り手自身が踊りながら唱える「チャント」を担当する「チャンター」としての顔も持ち合わせ、自身のハラウ(フラの教室)「ハーラウ ケアラオカマイレ(Halau Ke`alaokamaile)」を率いているため、フラ愛好家からも絶大な支持を集めています。また、ハワイ語やハワイ文化への造詣が深く、ハワイ文化の継承者としてハワイ語の学校「プナナ・レオ・オ・マウイ(Pünana Leo O Maui)」を創設しています。詳しくは公式サイトをご参照ください。https://kealiireichel.com/

デルタ航空について
デルタ航空は年間約1億8, 000万人以上の搭乗者数と広範なネットワークを持つ航空会社です。フォーチュン誌の「2018年世界で最も賞賛される企業リスト」の航空業界部門(2018 World's Most Admired Companies Airline Industry List)において、8年間で7度目の1位を獲得し、「世界で最も賞賛される企業」トップ50社にも5年連続で選ばれたほか、米ビジネストラベルニュース誌調査で初の7年連続トップに選ばれました。デルタ航空およびデルタ・コネクションは、世界54カ国、314都市に向けてフライトを運航しています。米国ジョージア州アトランタに本社を置き、世界で8万人超の従業員を擁し、800機以上の主要機材を運航しています。航空連合(アライアンス)「スカイチーム」の創立メンバーであり、大西洋路線においてはエールフランス-KLM、アリタリア-イタリア航空、およびヴァージン アトランティック航空と共同事業を展開しています。アトランタ、ボストン、デトロイト、ロサンゼルス、ミネアポリス/セントポール、ニューヨーク(ラ・ガーディアおよびJFK)、ソルトレイクシティ、シアトル、アムステルダム、パリ(シャルルドゴール)、ロンドン(ヒースロー)、サンパウロ、メキシコシティ、ソウルおよび東京(成田)をハブ空港および主要マーケットと位置づけ、提携航空会社と合わせて一日に1万5,000便以上のフライトを運航しています。機内および空港での顧客エクスペリエンスの向上を目指し、空港施設や機内プロダクトの改善、サービス向上とテクノロジー導入に数十億ドルを投資しています。詳しくはホームページdelta.comをご覧ください。