Skip to main content

Delta News Hub Logo

デルタ航空は、日米路線のメインキャビンのサービスを紹介する45秒のアニメーション動画を制作しました。この動画は、本日から2019年4月5日まで、ユーチューブ・トゥルービュー・インストリーム、フェイスブック、インスタグラムを通して日本全国に配信されます。

動画では、メインキャビンに最近導入された新サービスや改善されたサービスを紹介しています。

•     無料で提供される飲み物のメニューにスパークリングワインのミニボトルを追加

•     日本発着全便でWi-Fiを使ったテキストメッセージ送受信を無料化

•     ミシュラン二つ星の和食店「一汁二菜うえの」の上野法男シェフ考案・監修の機内食メニューを提供

•     機内用スリッパを提供

•     より厚手のブランケットを導入

•     スターバックスコーヒーを提供

•     フライト中の軽食として、ハーゲンダッツ、ベン&ジェリーズ、マグナムバーなど、人気ブランドのアイスクリームを提供(ブランドは路線によって異なります。)

•     ペットボトルのお水を全てのお客様に配布

•     機内エンターテインメント「デルタ・スタジオ」で、日本語で観られる映画(字幕または邦画)を充実

ビデオはこちらからご覧いただけます。https://youtu.be/IdxW2tk3_ZI

NPS.png

デルタ航空日本支社長、森本大(もりもと・まさる)は次のように述べています。「デルタ航空では、特に日本発着便のメインキャビンのお客様向けのサービス改善に継続的に力を入れています。日本人のお客様の声を聞き、お客様の期待以上のサービスを提供するよう努めています。」

日本人のお客様を対象とした機内サービスの改善に加え、デルタ航空では、新機材や機内改装が完了した機材を、いち早く日本市場に投入しています。全室個室タイプのビジネスクラス「デルタ・ワン スイート」と新プレミアムエコノミークラス「デルタ・プレミアムセレクト」を搭載したエアバスA350-900型機は、2017年10月に世界で最初にデトロイトー成田線で運航を開始したほか、改装を完了した最初のB777型機を、2018年11月に羽田ーミネアポリス線に導入しました。さらに今年3月1日には、デルタ・ワン スイート、デルタ・プレミアムセレクト、デルタ・コンフォートプラス、メインキャビンの4つの座席クラスの全てを搭載した最初のB777型機を、羽田ーミネアポリス線と成田―アトランタ線に最初に導入しました。

 

デルタ航空について

デルタ航空(NYSE: DAL)は、米国に本社を置き、プロダクトとサービス、テクノロジー、運航の信頼性、顧客エクスペリエンスにおいて業界をリードするグローバル航空会社です。世界で8 万人超の従業員を擁し、顧客の旅行エクスペリエンスの向上と、株主への利益還元、および従業員に対し、数十億ドル規模の投資を続けています。

就航都市数:世界50 カ国以上、300都市以上

年間搭乗者数:約2億人

本社:米国ジョージア州アトランタ

運航便数:1日5,000(出発)便。スカイチームなど提携航空会社と合わせると一日に1 万5,000 便以

提携パートナー:エールフランス-KLM、アリタリア-イタリア航空、ヴァージン アトランティック航空、大韓航空、中国東方航空、ヴァージン オーストラリア航空、アエロメヒコ、ゴル航空、ウェストジェット

ハブ空港と主要マーケット:アトランタ、ボストン、デトロイト、ロサンゼルス、ミネアポリス/セントポール、ニューヨーク(ラ・ガーディアおよびJFK)、ソルトレイクシティ、シアトル、アムステルダム、パリ(シャルルドゴール)、ロンドン(ヒースロー)、サンパウロ、メキシコシティ、ソウルおよび東京(成田)

受賞:フォーチュン誌の「2019 年世界で最も賞賛される企業リスト」の航空業界部門(2018 World's Most Admired Companies Airline Industry List)において、9 年間で8 度目の1 位。米ビジネストラベルニュース誌調査で初の8 年連続トップ。ファーストカンパニーによる「世界で最も革新的な企業」に2年連続選出。エド・バスティアンCEOは、フォーチュン誌の2018年「世界で最も偉大なリーダー」に選出

情報発信チャネル:ホームページdelta.com、デルタニュースハブhttps://news.delta.com/、ツィッター @DeltaNewsHub Facebook.com/delta

 

日本語 (Japanese)

Related Topics

Related topics