デルタ航空は、新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の影響による需要低下に対応するため、4月30日まで、日米路線の週当たりの運航便数を減らすことを決定しました。また、季節運航の関空ーシアトル便については、今季のみ運休し、来季に再開する計画です。

お客様と従業員の安全と健康を守ることは、デルタ航空にとって最優先事項であり、米国疾病管理予防センター(CDC)や世界保健機関(WHO)と常時連携し、そのガイドラインに沿った、あるいはそれ以上に厳格なトレーニング、ポリシー、手順、客室内の清掃・消毒などを実施しています。デルタ航空の新型コロナウイルス(COVID-19)に関する最新情報は、こちらをご覧ください。https://news.delta.com/updated-delta-responds-coronavirus-covid-19-outbreak-JP 

運航スケジュールの変更

米国出発便は3月7日から、日本出発便は3月8日から、以下の運航スケジュールが適用されます。

路線

現在

202038日~430

東京-デトロイト

毎日

毎日

東京-ロサンゼルス

毎日

毎日

東京-ホノルル

毎日

毎日

東京-シアトル

毎日

毎日

東京-ポートランド

5便(3/29~毎日)

3便

東京-アトランタ

毎日

5便

東京-ミネアポリス

毎日

5便

名古屋-デトロイト

5便

3便

名古屋-ホノルル

5便

3便

関空-シアトル

毎日

運休

関空-ホノルル

毎日

3便

東京-マニラ

毎日

毎日*

*3月27日まで

すべての東京ー米国便を、成田空港から羽田空港に集約する計画は、予定どおり3月29日に実施します。シアトル、デトロイト、アトランタ、ホノルル、ポートランド行き便は、3月29日より成田空港から羽田空港に移行し、既存のミネアポリス便とロサンゼルス便は、引き続き羽田空港から運航します。

成田―マニラ便は、3月27日まで毎日運航し、その後は日米路線の羽田空港への集約に伴い運休します。ソウル(仁川)とマニラ間の新規路線の就航日は、予定していた3月29日から5月1日に変更になります。

関空ーシアトル間の夏季季節運航便は、2020年は運休し、2021年夏スケジュールに再開する予定です。なお、関空―ホノルル便は週3便で運航します。

運航スケジュールの詳細は、3月7日にdelta.comに掲載されます。引き続き状況を観察し、状況の変化に応じて、追加の調整を行う場合があります。

お客様への対応

ご旅程に影響するご予約をお持ちのお客様は、デルタ航空ホームページの「旅程」にアクセスしていただくと、オプションをご確認いただけます。オプションには、他のデルタ便への変更、4月30日以降の出発便への変更、他の航空会社またはパートナー航空会社への変更、払い戻し、その他の方法について相談する、などがあります。

デルタ航空は、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響に伴い、ご旅行の予定の変更を希望するお客様に対し、変更手数料を免除しています。

 

Share