Skip to main content

Delta News Hub Logo

2018年8月7日 *本リリースは8月2日に米国アトランタで発表されたリリースの翻訳です。

【米国アトランタ、201882日】 – デルタ航空(NYSE:DAL)は本日、2018年7月の輸送実績を発表しました。
7月の1ヶ月間の搭乗者数は、全路線合計で約1,830万人となり、7月の最高記録を更新しました。

2018年7月のハイライトは次のとおりです。

  • ウエストジェットとの共同事業(ジョイントベンチャー)の実施に向けた正式契約に署名しました。政府認可を受けて共同事業が実現すると、米国とカナダ間の旅行需要の95%をカバーする30都市以上へのアクセスを提供することができ、両社のお客様により多くの旅の選択肢を提供することができるようになります。
  • 9月末を期末とする第3四半期より、5年連続となる配当増を実施すると発表しました。これは、デルタ航空のビジネスモデルが耐久性と持続可能性を持つことを示すものです。第3四半期の1株当たり0.35ドルの配当は、2018年7月26日取引終了時点での株主を対象に8月16日より支払いを開始します。
  • 米国ジョージア州ネーサン・ディール知事が、ジェット燃料への州売上税の課税停止を決定しました。これにより、ジョージア州は競争力を維持することができ、デルタ航空はサービスを拡大することができる事業環境を確保することができました。
  • 羽田-ミネアポリス路線を含むアジア太平洋の5つの路線(日本路線4つ、オーストラリア路線1つ)に、個室タイプのビジネスクラス「デルタ・ワン スイート」とプレミアムエコノミー「デルタ・プレミアムセレクト」を投入すると発表しました。羽田-ミネアポリス路線には今年11月から、他の4路線には来年春に導入される予定です。

日本発着路線を含む太平洋路線の供給座席マイル(キャパシティ)は前年同期比2.4%減、ロードファクター(座席利用率)は前年から0.6ポイント増の88.2%でした。

※デルタ航空では毎月の輸送実績を翌月の2日から7日の間に発表しています。過去および最新の輸送実績は、デルタ航空ホームページ内の日本語ニュースルームでご覧いただけます。http://news.delta.com/japanese/news

デルタ航空について
デルタ航空は年間約1億8, 000万人以上の搭乗者数と広範なネットワークを持つ航空会社です。フォーチュン誌の「2018年世界で最も賞賛される企業リスト」の航空業界部門(2018 World's Most Admired Companies Airline Industry List)において、8年間で7度目の1位を獲得し、「世界で最も賞賛される企業」トップ50社にも5年連続で選ばれたほか、米ビジネストラベルニュース誌調査で初の7年連続トップに選ばれました。デルタ航空およびデルタ・コネクションは、世界56カ国、323都市に向けてフライトを運航しています。米国ジョージア州アトランタに本社を置き、世界で8万人超の従業員を擁し、800機以上の主要機材を運航しています。航空連合(アライアンス)「スカイチーム」の創立メンバーであり、大西洋路線においてはエールフランス-KLM、アリタリア-イタリア航空、およびヴァージン アトランティック航空と共同事業を展開しています。アトランタ、ボストン、デトロイト、ロサンゼルス、ミネアポリス/セントポール、ニューヨーク(ラ・ガーディアおよびJFK)、ソルトレイクシティ、シアトル、アムステルダム、パリ(シャルルドゴール)、ロンドン(ヒースロー)、サンパウロ、メキシコシティ、ソウルおよび東京(成田)をハブ空港および主要マーケットと位置づけ、提携航空会社と合わせて一日に1万5,000便以上のフライトを運航しています。機内および空港での顧客エクスペリエンスの向上を目指し、空港施設や機内プロダクトの改善、サービス向上とテクノロジー導入に数十億ドルを投資しています。詳しくはホームページdelta.comをご覧ください。 

日本語 (Japanese)