デルタ航空はこのほど、羽田空港国際線旅客ターミナルの北側5階にて、「デルタ スカイクラブ」の新設工事を再開しました。延べ床面積824平方メートルのデルタ スカイクラブは、2021年春にオープンする予定で、羽田空港では米国航空会社で唯一の専用ラウンジになります。

デルタ航空では、現在運航中のアトランタ、デトロイト、シアトル線に加え、2021 夏までにはロサンゼルス、ホノルル、ミネアポリス、ポートランドへの運航も開始し、全部で羽田発着路線は7路線となる予定です。

羽田空港の「デルタ スカイクラブ」の特徴*

*お客様と従業員の健康を確保するための安全対策により、サービスの形態が一時的に変更される可能性があります。

  • 旬の食材を使った世界各国および日本食をビュッフェスタイルで提供。その場で調理するヌードルバーも設置
  • 米国で人気のフルサービスバーでは、デルタ航空のマスターソムリエ、アンドレア・ロビンソン監修のシーズナルカクテルやワインをご用意
  • 日本の文化と歴史を取り入れたユニークなデザインやアートを導入
  • 高速Wi-Fiアクセスを提供。ほぼすべての座席に電源を設置
  • シャワールームを完備

現在すべてのデルタ スカイクラブでは、機内や空港と同様に独自の衛生基準「デルタ・ケアスタンダード(Delta CareStandard」を導入しています。個別に包装された食品を用意し、エントランスやバーにアクリル製の仕切り板を設置、間隔を空けるために一部の椅子を使用できなくしているほか、清掃を強化し、夜間には高グレードの消毒剤を静電スプレー機を使用して消毒しています。

デルタ航空では、空港の顧客エクスペリエンス向上のために120億ドル以上を投資しています。羽田空港におけるデルタ スカイクラブの新設は、東京発着路線をご利用のお客様に対する最新の投資プロジェクトです。

デルタ航空では、受賞歴のある「デルタ スカイクラブ」を増設することに長期的に取り組んでおり、ここ数年では、ルイス・アームストロング・ニューオーリンズ国際空港、オースティン・バーグストロム国際空港、フェニックス・スカイハーバー国際空港に新スカイクラブを開設、ロナルド・レーガン・ワシントン・ナショナル空港のスカイクラブを改装しました。20209月にはソルトレーク国際空港に最大面積を誇るスカイクラブをオープンし、2022年にはロサンゼルス国際空港にも屋外テラス「スカイデッキ」のあるスカイクラブを新設する予定です。

 

 

Related Topics:
Share