コメダ珈琲店にご来店いただいたお客様全員に、金鯱をデザインに取りいれた、デルタ航空オリジナルステッカーをプレゼントします。

デルタ航空と名古屋エアケータリング株式会社(本社:愛知県常滑市セントレア1 丁目 社長:加藤 範久)は、珈琲所コメダ珈琲店のセントレア店にて、318日から31日まで、「Fly with DELTA(フライ・ウィズ・デルタ)」 キャンペーンを実施します。同キャンペーンは、中部国際空港セントレア第1旅客ターミナル4階に2021年末に新規オープンしたコメダ珈琲店の利用促進と、今後期待される米国旅行の需要回復を目指し、中部国際空港利用促進協議会と中部国際空港の協力を得て実施するものです。Delta branding at Komeda 1

Terrace at KomedaWall display at KomedaCeiling at KomedaMenu sample case at Komedaキャンペーン中は、中部―デトロイト間を運航しているエアバスA350-900型機のモデルプレーンを店内に展示する他、各テーブルにはデルタ航空のロゴと路線図の入ったテーブルマットを敷き、テラスには垂れ幕を配置するなど、店内の至る所でデルタ航空を体感いただける空間を演出します。

また、コメダ珈琲店にご来店いただいたお客様全員に、金鯱をデザインに取りいれた、デルタ航空オリジナルステッカーをプレゼントするほか、お子様メニュー「だいすきプレート」をご注文のお客様には、デルタ航空のオリジナルおもちゃを差し上げます。

Delta original sticker for Fly with Delta campaign
Fly with DELTAキャンペーン用オリジナルステッカー
Toys for kids
「だいすきプレート」をご注文のお子様向けプレゼント

さらに、32027日にDL94便にご搭乗のお客様には、チェックインカウンターでコメダ珈琲店セントレア店で使えるコーヒークーポンと、人気の「しるこサンド」スナックをプレゼントします。

このほか、中部国際空港の協力により、バンブーファイバーできた環境にやさしいオリジナルのコーヒータンブラーや、コメダ珈琲店のドリップコーヒーが抽選で当たるSNSキャンペーンも実施します。

デルタ航空は、新型コロナウイルスの影響により、2020年に一時中部―デトロイト線を運休しましたが、昨年4月に他社に先駆け運航を再開し、現在中部国際空港から唯一の米国行きの定期便を運航しています。デルタ航空では今回のキャンペーンを通じて、中部地域に対するさらなるコミットメントを示すと同時に、コロナ後の旅行需要回復に向けて米国行き便の需要喚起を目指しています。

珈琲所コメダ珈琲店 セントレア店について

Komeda Coffee Centrairコメダ珈琲店は、1968 年に愛知県で第1 号店が開店して以来、現在 国内全都道府県に展開しています。 2021 12 月に、中部国際空港セントレアで機内食の調製業務と搭降載業務を手がける名古屋エアケータリング株式会社により、空港旅客ターミナルへ「くつろぐ、いちばんいいところ」を目指して初出店を実現しました。

Related Topics:
Share