世界中で様々な出来事が起きる中、デルタ航空では引き続き、お客様の安全のために様々な対策を実施しています。ご旅行の際は、お客様を安全に目的地までお運びすることをお約束いたします。感染拡大を防ぐには、いくつもの対策を重ねて実施することが有効だと、医療専門家も言っています。デルタ航空では、お客様と従業員を守るために次のような複数の対策を実施しています。

従業員の検査

お客様は、ご旅行中に接する航空会社の職員が健康であるかを知りたいと思います。デルタ航空では、1ヶ月間でほぼ全ての従業員に検査を実施するためのプログラムを作成するため、クエスト・ダイアグノスティックスとメイヨー・クリニックと提携しました。最初の検査の目的は、感染者を迅速に見つけ、自宅療養を促すことにより更なる感染を防止することです。この検査結果は、今後数ヶ月先までお客様と従業員の安全を守るための戦略立案にも活かされます。お客様と直接接する弊社職員の感染率はアメリカ全体の平均よりも低く、これは、デルタ航空が実施している様々な対策の効果を証明しています。

マスク着用の要請

マスクの着用は新型コロナウィルス感染率を下げるための最も効果的な対策の一つです。アメリカ疾病管理予防センターの報告によると、新型コロナウィルスの症状がある美容師2人が139人のお客様と接しましたが、美容師とお客様の双方がマスクを着用していたため、二次感染が発生しなかったそうです。そのため、デルタ航空にご搭乗のお客様と従業員には、1231日までマスクまたはフェースカバーの着用を義務付けることにいたしました。マスクを着用し続けることができないお子様や付添人のない未成年者は例外となります。マスク着用が難しい基礎疾患をお持ちのお客様は、他のお客様の安全のために、空港到着時に“搭乗許可”の手続きをお済ませください。

中央席のブロックと座席使用率の制限

9月末まで座席使用率の上限を設定し、中央席をブロックすることにより、機内の人数を減らし、安全な旅のためのスペースを提供いたします。座席使用率が上限に達した場合は、便数を増やすことで、安全性と快適性を確保します。中央席のブロックは、9月以降も継続する予定です。

清掃への継続的な取り組み

デルタ航空従業員による健康と安全に対する取り組みが、実際にご搭乗になったお客様に高く評価され、顧客満足度調査では過去最高のスコアを記録しました。空港では、チェックインロビーや自動チェックイン機から、搭乗カウンター、手荷物受取所まで、1日を通して何度も徹底した清掃を行っており、デルタ航空が乗り入れている全ての空港では、高品質の消毒剤を噴射できる静電スプレーを使用しています。また機内については、すべての航空機の出発前に消毒剤の静電スプレーと頻繁に触れる場所の拭き掃除を含む徹底した清掃作業を行い、飛行中も化粧室の掃除をより頻繁に行っています。

お客様ご自身と他のお客様の安全のために、ご旅行中のマスク着用とソーシャルディスタンスの順守にご協力いただきありがとうございます。ご旅行の計画や変更の際には、運航状況と渡航規制についての最新情報をご確認ください。提携航空会社とも緊密に連携し、シームレスなサービスを提供しております。ご旅行のご準備ができましたら、是非デルタ航空をご利用ください。

 

デルタ航空最高経営責任者

エド・バスティアン

 

Share