Skip to main content

Delta News Hub Logo

【米国アトランタ、2018年7月30日】 – デルタ航空(NYSE:DAL)は、2018年11月から2019年3月にかけて、新たに4つの日米路線に、個室タイプのビジネスクラス「デルタ・ワン スイート」とプレミアムエコノミー「デルタ・プレミアムセレクト」を導入します。これは、エアバスA350-900型機の追加納入と、ボーイング777-200ER型機とB777-200LR型機の改装完了に伴うものです。

新機材A350-900型機と改装済みB777-200ER機材が運航される路線は以下のとおりです。

路線 機材

運航開始日

(日本出発便)

東京‐羽田(HND) –  ミネアポリス/セントポール (MSP) 777-200ER 2018年11月2日*
東京‐成田(NRT)- アトランタ(ATL) 777-200ER 2019年3月2日
東京‐成田(NRT)- シアトル(SEA) A350-900 2019年3月2日
東京‐羽田(HND)- ロスアンゼルス(LAX) A350-900 2019年4月1 日

「デルタ・ワン スイート」と「デルタ・プレミアムセレクト」を搭載したA350-900 型機は、昨年10月の成田―デトロイト線に最初に導入され、現在ではソウル-デトロイト線、上海-デトロイト線、北京-デトロイト線、上海-ロサンゼルス線で運航されています。2019年末までに、13機のA350-900型機が追加納入され、全8機の777-200ERと全10機の777-200LR型機も、A350機と同じ機内設備に改装される予定です。

日米路線以外には、シドニー-ロサンゼルス路線にも改装済みの777-200ERが2019年に導入される予定ですが、運航開始日は未定です。

<デルタ・ワン スイート>
「デルタ・ワン スイート」は、デルタ航空の長距離国際線およびアメリカ大陸横断路線の最上位クラス「デルタ・ワン」を発展させ、快適性とプライバシーを重視して開発されました。スライド式ドアで仕切られたプライベートな空間に、使いやすさに配慮した個人用収納スペースを設け、最新の機内エンターテインメントシステムと高級感のある内装により、居住空間のような、他にはないビジネスクラス体験を提供します。デルタ・ワンでは8年前から完全に水平になるフルフラットベッドシートと通路へのダイレクトアクセスを提供していましたが、デルタ・ワン スイートでは、新たに次の特徴が加わります。

• 各スイート(個室)に充分な高さのスライド式ドア
• 中央の2席の間にはプライバシーを保つための可動式仕切り
• 各スイートごとに個別調整が可能な照明
• パソコンやヘッドフォン、靴などを収納できる専用スペース
• 現代的デザインを取り入れた高級感のある内装
• 形状記憶機能付きのクッション
• 米国航空会社最大の18インチの高解像度個人用モニター
• ユニバーサル電源と高性能USBポート

デルタ・ワンの標準サービスには、和・洋選べるコース料理、マスターソムリエ、アンドレア・ロビンソン選定の一流ワインセレクション、ウェスティンホテル開発の機内用ヘブンリーベッド寝具、ノイズキャンセリング機能つきヘッドフォン、TUMIのケースにキールズのスキンケア等が入ったアメニティキットが含まれます。

<デルタ・プレミアムセレクト>
デルタ・プレミアムセレクトは、長距離国際線のビジネスクラスとエコノミークラスの中間に設ける新しいキャビン区分で、
サービス内容は次のとおりです。
• シートピッチ(座席間隔)は最大38インチ(約96.5センチ)、シート幅は最大19インチ(約48.3センチ)、リクライニングは最大7インチ(約17.8センチ)とゆとりのある設計に、可動式のレッグレストとヘッドレストを完備。
• ウェスティンホテルが開発したウェスティン・ヘブンリー・ブランケットと枕、ニューヨーク発のスキンケアブランド、マリン・アンド・ゴッツの製品が入ったTUMI製アメニティキット、ノイズキャンセリング機能付きLSTN製ヘッドフォンの提供。
• 離陸前のドリンクサービスに続き、デルタ航空用に特別にデザインされたアレッシィの食器で、季節ごとに変わるお食事メニューを提供。
• 映画、テレビ番組、ゲーム、音楽など業界随一のコンテンツを誇る機内エンターテインメント「デルタ・スタジオ」を無料で楽しめる、クラス最大級13.3インチの高解像度スクリーンを各座席に設置。
• 小型・大型電子機器用の電源と機器を置くスペースを各座席に設置。
• 優先チェックイン、(空港により)優先保安検査、優先搭乗、預け入れ手荷物の優先取り扱いを含む「スカイ・プライオリティ」サービス。

A350-900型機の購入と777型機の改装は、デルタ航空が進めている顧客エクスペリエンス向上のための数十億ドル規模の投資計画の一環です。ここ数年では、一部米国内線メインキャビンのお食事の無料化やスナックのアップグレード、国際線メインキャビンでのスパークリングワインの提供とブランケットの刷新、ほぼ全ての機材でのWi-Fiサービスの提供とテキストメッセージ送信の無料化などを実現しました。

*運航開始日が変更になりましたので更新しました。

日本語 (Japanese)