Skip to main content

Delta News Hub Logo

*本リリースは20193 1 日にデルタ航空ウェブサイトのニュースハブに掲載された記事を抄訳したものです。

 

デルタ航空は、3月1日より、著名シェフとマスターソムリエが監修したお食事とワインを盛り込んだ2019年春メニューの提供を開始しました。またこの春から、紅茶のブランドが新しくなります。

デルタ航空では、機内エクスペリエンスの向上の一環として、機内食メニューを季節ごとに変えています。これにより、頻繁にデルタ航空便をご利用くださるお客様にも、定番のスナックやお飲み物に加え、季節感のある新しいお食事を楽んでいただけるようにしています。

デルタ・ワンの春メニューとワインセレクション

日本発米国行き路線の「デルタ・ワン」では、3月1日から、ミシュラン二つ星を獲得した「一汁二菜うえの」の上野法男シェフが考案した和食メニューのメインディッシュとして、「さわらの西京味噌漬け」が提供されるほか、洋食メニューでは、ビーフテンダーロインのグリル、鶏胸肉の香草パン粉焼き、グリーンランド産のオヒョウのフライパン焼き、リガトーニパスタのアルフレッドソース和えの4種のメインディッシュからお選びいただけます。また、食後に提供される3種チーズとフルーツの盛り合わせには、今回初めて北海道産のチーズ「さらべつチーズ工房のゴーダチーズ酪佳」と「小林牧場の手作りブルーチーズ」が選ばれ、フランス産の「クール・ド・リオン カマンベール」とともに提供されます。

米国発日本行き路線では、ジョージア州のG&R農場で収穫された新鮮で甘みのあるビディリアオニオン、色鮮やかなハーブやみずみずしい春野菜など、春の到来を告げるフレッシュなメニューをお楽しみいただけます。

春メニューは、デルタ航空のマスターソムリエであるアンドレア・ロビンソンが厳選したワインとともに提供されます。アンドレアがセレクトしたワインの春のラインナップは、南アフリカ共和国の「クレイン・ザルゼ シュナンブラン」(Kleine Zalze Chenin Blanc)やワシントンの「シャトー・サン・ミッシェル インディアン・ウェールズ カベルネソーヴィニヨン」(Chateau Sainte Michelle Indian Wells Cabernet Sauvignon)など、様々な地域から、春メニューのお食事に合うものが選ばれています。

ご好評をいただいている機内食の事前予約プログラムでは、eメールアドレスをマイレージプログラム「スカイマイル」のアカウントもしくはフライト予約の際にご登録いただくことで、ご出発の3日前にデルタ航空から第一希望のお食事を確認するeメールが届きます。

新しい紅茶ブランドを採用

デルタ・ワンでは、5月から新たにPure LEAF®(ピュア・リーフ)ブランドのイングリッシュ・ブレークファスト、ジャスミンティーフレイバーのグリーンティー、ペパーミントハーバルティー、アールグレーを提供します。また空港ラウンジ「デルタ・スカイクラブ」では、機内で提供する4種類のほか、カモミール、チャイティー、オレンジブロッサムフレイバーのジンジャーティー、ベリーフレイバーのブラックティーを提供します。

ピュア・リーフ製品は、お客様により上質な風味を提供するたけでなく、デルタ航空が業界をリードするサステナビリティの戦略にも合致しています。すべての製品は、世界中のレインフォレスト・アライアンス (Rainforest Alliance) 認証の茶葉を使用しています。

デルタ・プレミアムセレクト、デルタ・コンフォートプラス、メインキャビンのお客様には、世界で最も売れている紅茶ブランドのひとつ「リプトン」の製品を、今月から提供します。

機内食の質の向上は、顧客エクスペリエンス改善のためのデルタ航空の数十億ドル規模の投資計画の一環です。最近デルタ・ワンのお客様向けに採用されたサービスには、著名シェフ監修のメニュー、アレッシィ(Alessi)がデザインした食器、TUMIのケースにキールズ(Kiehl’s)のスキンケア製品等が入ったアメニティキットなどが含まれます。

 

R20D120Spring20Menu20entree.jpg

R20D120Spring20Menu20Pure20Leaf20Tea.jpg

 

デルタ航空について

デルタ航空(NYSE: DAL)は、米国に本社を置き、プロダクトとサービス、テクノロジー、運航の信頼性、顧客エクスペリエンスにおいて業界をリードするグローバル航空会社です。世界で8 万人超の従業員を擁し、顧客の旅行エクスペリエンスの向上と、株主への利益還元、および従業員に対し、数十億ドル規模の投資を続けています。

就航都市数:世界50 カ国以上、300都市以上

年間搭乗者数:約2億人

本社:米国ジョージア州アトランタ

運航便数:1日5,000(出発)便。スカイチームなど提携航空会社と合わせると一日に1 万5,000 便以

提携パートナー:エールフランス-KLM、アリタリア-イタリア航空、ヴァージン アトランティック航空、大韓航空、中国東方航空、ヴァージン オーストラリア航空、アエロメヒコ、ゴル航空、ウェストジェット

ハブ空港と主要マーケット:アトランタ、ボストン、デトロイト、ロサンゼルス、ミネアポリス/セントポール、ニューヨーク(ラ・ガーディアおよびJFK)、ソルトレイクシティ、シアトル、アムステルダム、パリ(シャルルドゴール)、ロンドン(ヒースロー)、サンパウロ、メキシコシティ、ソウルおよび東京(成田)

受賞:フォーチュン誌の「2019 年世界で最も賞賛される企業リスト」の航空業界部門(2018 World's Most Admired Companies Airline Industry List)において、9 年間で8 度目の1 位。米ビジネストラベルニュース誌調査で初の8 年連続トップ。ファーストカンパニーによる「世界で最も革新的な企業」に2年連続選出。エド・バスティアンCEOは、フォーチュン誌の2018年「世界で最も偉大なリーダー」に選出

情報発信チャネル:ホームページdelta.com、デルタニュースハブhttps://news.delta.com/、ツィッター @DeltaNewsHub Facebook.com/delta

日本語 (Japanese)

Related Topics

Related topics