デルタ航空では、清潔さの業界水準を再定義し、機内でのお客様同士のスペースを確保しつつ、新型コロナウイルスの影響による旅程の変更についても柔軟に対応しています。このため、変更手数料免除の期間を延長し、新規に購入された630日までの航空券についても、購入日から1年間の変更については変更手数料を免除します。

運航スケジュールの変更により影響を受けたお客様、または今後のご旅行を延期を希望されるお客様は、2020930日まで変更手数料なしで再予約ができるようになります。対象となる旅程は以下のとおりです。

  • 2020417日時点で、 930日までに出発予定のご予約済みの航空券
  • 20203月から20209月までの間にキャンセルされた航空券

デルタ航空は、2020630日までに米国内とカナダ間の便のすべての客室において、運賃の上限を設けています。フライトの変更方法に関する質問およびその他のよくある質問については、デルタ航空ホームページのコロナウイルス最新情報センターをご覧ください。

デルタ航空では、お客様と従業員に安全なフライト経験を提供するためにあらゆる対策を講じています。以下はその対策の一部です。

  • 機内でのお客様間のスペースを確保するため、中央席をブロックし、米国内線のファーストクラスでは50%、その他の客室では60%の座席占有率を維持しています。
  • 静電スプレー機を用い、すべての航空機を出発前に消毒しています。
安全なご旅行のため、デルタ航空がどのような基準を設定しているかについては、こちらをご覧ください。
Share