路線

article
Body
【東京、2017年5月31日】 – デルタ航空(NYSE:DAL)は、日本とパラオ共和国をつなぐ唯一の定期直行便を運航する航空会社として、年間を通じてパラオの観光促進に努めています。東急不動産株式会社が開発・経営し、パラオを代表するリゾートホテルである「パラオ パシフィック リゾート」と共同で、4月~6月にパッケージツアー利用者向けの特別プロモーションを展開したところ、大変好評だったため、7月~9月に「サマースペシャルプログラム」として第二弾を実施することになりました。 「デルタ航空・パラオ パシフィック リゾート サマースペシャルプログラム」は、2017年7月から9月(お盆時期の8/9-8/15を除く)に催行される、デルタ航空の成田-パラオ・コロール直行便を利用し、パラオ パシフィック リゾートに宿泊するパッケージツアーを申し込むと、同ホテルでのビュッフェディナー1回と、ホテル内のレストラン、リテールショップ、スパで使用できる割引クーポンが提供されるほか、「女子旅」や「ファミリー」向けなど、パッケージツアーのテーマに沿ったオプショナルツアーが特典として提供されます。 オプショナルツアーは、パラオのランドオペレーターであるベラウツアーおよびインパックツアーズの協力を得て実施されます。女子旅向けのオプショナルツアーには、ナイトカヤックツアーやサウスロックアイランドツアーが、ファミリー向けにはロングビーチとミルキーウェイツアーやカヤックとロックアイランドツアーが含まれます。 同プログラムは、HIS、近畿日本ツーリスト、エス・ティー・ワールド、グローバルサービス、旅工房、かもめ、IACEトラベルが提供するパッケージツアーでご利用いただけます。対象ツアーには、統一デザインのキャンペーンロゴを入れて、認知度を高めます。  対象ツアーの一例: 女子旅テーマ: HIS<土曜日出発>デルタ航空直行便・往復「並び席」で行く!女子旅を満喫できるプランが盛りだくさん パラオ5日間  パラオパシフィックリゾート(ガーデンビュー)に滞在 http://e.his-j.com/trip/ciao/voyage/02A_10/TC-HRL5001-FE514?lcid=2017sss_bch02_tyo_tour_tab_mic_item ファミリー旅テーマ: HIS<土曜日出発>デルタ航空直行便・往復「並び席」で行く!ファミリー旅行を満喫できるプランが盛りだくさん パラオ5日間  パラオパシフィックリゾート(ガーデンビュー)に滞在 http://e.his-j.com/trip/ciao/voyage/02A_10/TC-HRF5001-FE514?lcid=2017sss_bch02_tyo_tour_tab_mic_item デルタ航空日本支社長、森本大(もりもと・まさる)は次のように述べています。「パラオ・パシフィックリゾートと旅行会社の協力を得て、この春初めて実施した共同キャンペーンが成功し、多くのお客様にデルタ航空のパラオ便をご利用いただくことができました。このキャンペーンを夏休み時期まで延長することにより、より幅広い層のお客様にデルタ航空の利便性とパラオの魅力を体験していただけると考えています。」 パラオ共和国について パラオ共和国は東京の3,200キロメートル南、フィリピンの約800キロメートル東に位置する太平洋上の島国です。スキューバダイビングをはじめ、美しい自然の中に様々な観光資源を持つ国で、年間3万人近くの日本人観光客が訪れており、近年ではダイビング以外の観光ニーズも高まっています。2012年7月には、パラオの「南ラグーンとロックアイランド」が世界遺産(文化・自然の複合遺産)に登録されました。デルタ航空は2010年12月末から成田-コロール線の運航を開始し、現在は週2便を定期運航しています。 パラオ パシフィック リゾート(PPR)について パラオ パシフィック リゾートは、東急不動産株式会社が開発・経営しています。頭文字をとってPPR(ピーピーアール)という略称で広く知られるリゾートは、白い砂浜に縁取られた太平洋と約25ヘクタールを誇る緑豊かなトロピカルガーデンに抱かれた楽園です。この贅沢なリゾートホテルの全165室 は南太平洋の雰囲気満点のインテリアで飾られ、ビーチリゾートホテルならではのアメニティが揃っています。PPRには レジャーアクティビティ及び様々なリゾート施設 が備わり、滞在中ご利用いただけます。ダイバーにとっても、ノンダイバーにとっても楽園のようなホテル、それがパラオ パシフィック リゾートです。Republic of Palau, 96940, Koror, Palau  日本地区セールスオフィス〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-10-7 五島育英会ビル3階  株式会社インターナショナルレストランサービス内 TEL: 03 5428 8463  https://www.palauppr.com/jp/ デルタ航空について デルタ航空は年間約1億8,000万人以上の搭乗者数と広範なネットワークを持つ航空会社です。フォーチュン誌の「2017年世界で最も賞賛される企業リスト」の航空業界部門(2016 ...
Dec. 9, 2019, 5:20 p.m.
article
Body
【大阪、2017年5月24日】 – デルタ航空(NYSE:DAL)は、5月 27 日(土)、28 日(日)に関西国際空港で開催される「世界に一番近い旅の博覧会 関空旅博2017(主催:関西エアポート株式会社)」に出展し、ハワイ路線とアメリカへの広範な路線網、充実した機内設備および機内サービスの認知促進を図ります。 デルタ航空ブースでは、ビジネスクラス「デルタ・ワン」に搭載されている完全に水平になるフルフラットベッドシートの体験コーナーや、50分の一サイズの大型モデルプレーンを背景に、デルタ航空の現役パイロットや客室乗務員と一緒に写真を撮ることができるフォトコーナーを設けます。また、来場者が自身のスマートフォンを使ってデルタ航空の路線網に関するクイズに答えて正解すると、マラサダで知られるハワイの人気店「レナーズ」とデルタ航空の限定コラボグッズが当たるイベントを開催します。 デルタ航空では、関空からホノルル行きの直行便を毎日運航しています。アメリカ本土へは、成田空港、羽田空港、中部国際空港を経由して、ロサンゼルス、ミネアポリス、デトロイト、アトランタ、シアトル、ポートランドの6つのゲートウェイへのフライトを毎日運航しています。 デルタ航空と「レナーズ」の限定コラボグッズ タンブラー、ステッカー、ミニトートバッグ 関空旅博 2017について 関空旅博は、~世界に一番近い旅の博覧会~をコンセプトに2017年5月27日(土)と28日(日)の二日間にわたり、朝10時から夕方17時まで開催される西日本最大の旅行フェスティバルで、今年で13回目の開催となります。関西国際空港の南北広場や駅コンコース、隣接する関西国際空港会議場(ホテル日航関西空港内)を会場に、関西エアポート株式会社による主催、一般社団法人日本旅行業協会関西支部のセミナー共催、観光庁の後援、一般社団法人日本旅行業協会らの協賛により開催されます。関西および西日本発の旅行需要拡大をめざしており、今年は169の団体・企業が出展し、過去最大規模での開催を予定しています。 (「旅博」は関西エアポート株式会社の登録商標です) イベント詳細は公式サイトをご参照ください。https://kanku-tabihaku.com レナーズについて 1952年創業のハワイの老舗ベーカリー「レナーズ(Leonard’s)」は、ハワイのロコ(地元民)や観光客に親しまれています。一番人気はハワイ版ドーナツともいえるスイーツ、「マラサダ」です。レナーズベーカリーの創業者であるレオナルド・レゴ氏は、ポルトガル系ハワイアンの三世としてハワイで産まれました。彼がレナーズベーカリーで祖父母の祖国のおやつであるマラサダを販売し始めたのが、マラサダがハワイのロコスイーツとして広く知られるようになったきっかけであると言われています。日本では横浜ワールドポーターズに日本1号店をオープンしており、マラサダはもちろん有名なレナーズのロゴを配した可愛らしいデザインのオリジナルグッズが人気を博しています。 http://www.leonardsjapan.com デルタ航空について デルタ航空は年間約1億8,000万人以上の搭乗者数と広範なネットワークを持つ航空会社です。フォーチュン誌の「2017年世界で最も賞賛される企業リスト」の航空業界部門(2016 World's Most Admired Companies Airline Industry List)において、7年間で6度目の1位を獲得し、「世界で最も賞賛される企業」トップ50社にも選ばれたほか、米ビジネストラベルニュース誌調査で初の6年連続トップに選ばれました。デルタ航空およびデルタ・コネクションは、世界59カ国、323都市に向けてフライトを運航しています。米国ジョージア州アトランタに本社を置き、世界で8万人超の従業員を擁し、800機以上の主要機材を運航しています。航空連合(アライアンス)「スカイチーム」の創立メンバーであり、大西洋路線においてはエールフランス-KLM、アリタリア-イタリア航空、およびヴァージン アトランティック航空と共同事業を展開しています。アトランタ、ボストン、デトロイト、ロサンゼルス、ミネアポリス/セントポール、ニューヨーク(ラ・ガーディアおよびJFK)、ソルトレイクシティ、シアトル、アムステルダム、パリ(シャルルドゴール)、ロンドン(ヒースロー)、東京(成田)をハブ空港および主要マーケットと位置づけ、提携航空会社と合わせて一日に1万5,000便以上のフライトを運航しています。機内および空港での顧客エクスペリエンスの向上を目指し、空港施設や機内プロダクトの改善、サービス向上とテクノロジー導入に数十億ドルを投資しています。詳しくはホームページdelta.comをご覧ください。 
Dec. 9, 2019, 5:18 p.m.
article
Body
【大阪、2017年4月27日】 – デルタ航空(NYSE:DAL)は、成田空港とアメリカ北西部の人気都市ポートランド(オレゴン州)を結ぶ直行便のプロモーションの一環として、阪神梅田本店が4月26日(水)より5月2日(火)まで開催中の「ポートランドフェア2017」に協力します。 ポートランドフェア2017は、現地で人気のクラフトビール、サードウェーブコーヒーや手作りのDIY製品などを紹介するイベントです。昨年の第一回開催の好評をうけて、規模を拡大しての第二回開催が実現しました。日本とポートランドを結ぶ唯一の直行便を運航するデルタ航空は、ブースを出展し成田=ポートランド線のプロモーションを行います。 デルタ航空ブースでは、ビジネスクラス「デルタ・ワン」の座席を展示し、座り心地を試していただくほか、オレゴン州のミニガイドブックや機内誌のポートランド特集号、スーツケースに付けるバゲッジタグなどのノベルティ(数量限定)を配布します。また、世界各地の風景を個性的な画風で描くことで知られるアーティスト、ミヤザキケンスケ氏書下ろしのポートランドの風景画(添付)を展示し、同風景画のポストカードを客室乗務員からお客様にお渡しします。 さらに、阪神梅田本店ではポートランドフェアの開催を記念して、アンケートに答えるとデルタ航空のポートランド直行便のビジネスクラス利用往復航空券が当たるキャンペーンを実施中です。詳しくは阪神梅田本店のイベントページをご参照ください。 https://www.hanshin-dept.jp/hshonten/special/portland/delta.html/ アーティスト、ミヤザキケンスケ氏について 1978年佐賀市生まれ。筑波大学修士課程芸術研究科を修了後、イギリス(ロンドン)へ渡りアート制作を開始。帰国後、NHK「熱中時間」にてライブペインターとして出演。この他、ケニアのスラム街の壁画プロジェクト、東北支援プロジェクトなど、「現地の人々と共同で作品を制作する」活動スタイルで注目を集める。現在、世界中で壁画を残す活動を行なっている。2015年以降、デルタ航空の様々なイベントにて風景画を書き下ろすほか、トークショーなどを開催している。http://miyazakingdom.com/ デルタ航空について デルタ航空は年間約1億8,000万人以上の搭乗者数と広範なネットワークを持つ航空会社です。フォーチュン誌の「2017年世界で最も賞賛される企業リスト」の航空業界部門(2017 World's Most Admired Companies Airline Industry List)において、7年間で6度目の1位を獲得し、「世界で最も賞賛される企業」トップ50社にも選ばれたほか、米ビジネストラベルニュース誌調査で初の6年連続トップに選ばれました。デルタ航空およびデルタ・コネクションは、世界58カ国、322都市に向けてフライトを運航しています。米国ジョージア州アトランタに本社を置き、世界で8万人超の従業員を擁し、800機以上の主要機材を運航しています。航空連合(アライアンス)「スカイチーム」の創立メンバーであり、大西洋路線においてはエールフランス-KLM、アリタリア-イタリア航空、およびヴァージン アトランティック航空と共同事業を展開しています。アトランタ、ボストン、デトロイト、ロサンゼルス、ミネアポリス/セントポール、ニューヨーク(ラ・ガーディアおよびJFK)、ソルトレイクシティ、シアトル、アムステルダム、パリ(シャルルドゴール)、ロンドン(ヒースロー)、東京(成田)をハブ空港および主要マーケットと位置づけ、提携航空会社と合わせて一日に1万5,000便以上のフライトを運航しています。機内および空港での顧客エクスペリエンスの向上を目指し、空港施設や機内プロダクトの改善、サービス向上とテクノロジー導入に数十億ドルを投資しています。詳しくはホームページdelta.comをご覧ください。 
Dec. 9, 2019, 5:10 p.m.
article
Body
【東京、2017年4月12日】 - デルタ航空(NYSE:DAL)は、日本発のホノルル、グアム、パラオ行きリゾート路線にて、期間限定の特別運賃を設定しました。旅行対象期間は一部をのぞき6月末日までです。 路線ごとの特別運賃(燃油サーチャージ、諸税込み)は次の通りです。 渡航先 出発空港 旅行期間 平日往復運賃*    (単位:円) エコノミークラス 「メインキャビン」  ビジネスクラス 「デルタ・ワン」 ホノルル 東京(成田) 6月30日迄** 64,560 155,560 大阪(関空) 72,560 197,560 名古屋 (セントレア) 77,560 197,560 グアム 東京(成田) 34,430– 48,430*** N/A パラオ 東京(成田) 5月31日迄** 57,610 N/A *週末にメインキャビンをご利用の場合は、追加料金が適用されます。 **ホノルル便は、4月25日~5月4日の日本出発便、グアム便は4月28日~5月3日の日本出発便、パラオ便は4月28日~5月4日の日本出発便は、特別料金対象外となります。 ***旅行日程により運賃が異なります。 特別料金についての詳細、および利用規定についてはデルタ航空ウェブサイトdelta.comの割引運賃とキャンペーンのページをご参照ください。 特別料金のご予約・発券は、デルタ航空ウェブサイトdelta.com、デルタ航空予約センター ナビダイヤル0570-077733、および旅行会社窓口にてお取り扱いしています。 デルタ航空は日本人旅行者向けのリゾート路線に力を入れており、東京(成田)、大阪(関空)、名古屋(セントレア)、福岡の国内主要4都市からハワイオアフ島のホノルル空港に向けて定期直行便を運航してます。また、東京(成田)からグアム、サイパン、パラオの各島に向けて定期直行便を運航しています。このうち、サイパンとパラオに関しては、デルタ航空が日本から定期直行便を運航する唯一の航空会社です。ホノルル路線の使用機材はB747-400型機およびB767-300ER機、グアム、サイパン、パラオの短距離リゾート路線はB757-200型機を使用しており、全ての機材で機内Wi-Fiサービス(一部有料)を提供しています。 デルタ航空について デルタ航空は年間約1億8,000万人以上の搭乗者数と広範なネットワークを持つ航空会社です。フォーチュン誌の「2017年世界で最も賞賛される企業リスト」の航空業界部門(2016 World's Most Admired Companies Airline Industry List)において、7年間で6度目の1位を獲得し、「世界で最も賞賛される企業」トップ50社にも選ばれたほか、米ビジネストラベルニュース誌調査で初の6年連続トップに選ばれました。デルタ航空およびデルタ・コネクションは、世界58カ国、322都市に向けてフライトを運航しています。米国ジョージア州アトランタに本社を置き、世界で8万人超の従業員を擁し、800機以上の主要機材を運航しています。航空連合(アライアンス)「スカイチーム」の創立メンバーであり、大西洋路線においてはエールフランス-KLM、アリタリア-イタリア航空、およびヴァージン アトランティック航空と共同事業を展開しています。アトランタ、ボストン、デトロイト、ロサンゼルス、ミネアポリス/セントポール、ニューヨーク(ラ・ガーディアおよびJFK)、ソルトレイクシティ、シアトル、アムステルダム、パリ(シャルルドゴール)、ロンドン(ヒースロー)、東京(成田)をハブ空港および主要マーケットと位置づけ、提携航空会社と合わせて一日に1万5,000便以上のフライトを運航しています。機内および空港での顧客エクスペリエンスの向上を目指し、空港施設や機内プロダクトの改善、サービス向上とテクノロジー導入に数十億ドルを投資しています。詳しくはホームページdelta.comをご覧ください。 
Dec. 9, 2019, 5:09 p.m.
article
Body
【東京、2017年4月11日】 –デルタ航空(NYSE:DAL)は、成田空港とアメリカ北西部の人気都市ポートランド(オレゴン州)を結ぶ直行便のプロモーションの一環として、松屋銀座が明日4月12日(水)より18日(火)まで開催するポートランドをテーマにしたイベント「FINE GINZA MARKET~PORTLAND LIFE~」に協賛します。 FINE GINZA MARKET~PORTLAND LIFE~(ファイン・ギンザ・マーケット ポートランドライフ)は、ナチュラル志向の暮らし方やクラフトマンシップなど、魅力あるカルチャーが注目を集めているポートランドの魅力を感じる食品や、アウトドアグッズ、雑貨を販売する催しです。日本とポートランドを結ぶ唯一の直行便を運航するデルタ航空は、催事場にブースを出展し、成田-ポートランド線のプロモーションを行います。 デルタ航空ブースでは、オレゴン州のミニガイドブックや機内誌のポートランド特集号、スーツケースに付けるバゲッジタグなどのノベルティ(数量限定)を配布します。15日(土)、16日(日)の週末には客室乗務員も登場し、ポートランドのオリジナルポストカードを配布します。 さらに、イベントの開催を記念して、松屋銀座では4月30日まで、クイズに答えるとデルタ航空のポートランド直行便の往復航空券が当たるキャンペーンを実施中です。詳しくは松屋銀座のホームページをご参照ください。  http://www.matsuya.com/ イベント名称: FINE GINZA MARKET~PORTLAND LIFE~ 期間: 4月12日(水)-18日(火) 会場: 松屋銀座1階スペース・オブ・ギンザ 出展企業/ブランド: デルタ航空、コロンビアスポーツ、ブルー スター ドーナツ、スティーブンスミスティーメーカー、POLERなど ※FINE GINZA MARKET〜PORTLAND LIFE〜で取り扱う商品は、オレゴン州ポートランド以外で生産されたものも含まれます。 松屋銀座について 株式会社松屋は1869年創業の老舗百貨店で、東京の銀座と浅草に店舗を構えております。松屋銀座は銀座3丁目に位置する株式会社松屋の本店です。世界の銀座を象徴する個性的な百貨店「GINZAスペシャリティストア」の確立を目指し、「ファッション性」と「デザイン性」の観点から品揃えの強化を図り、競争力の向上に努めてまいりました。今後も世界に注目される街GINZAを代表する店舗として、自らの強みに更に磨きをかけ、個性豊かな店を実現するとともに、お客様のご期待以上のおもてなしで更なる「松屋ファン」の獲得を図ってまいります。 デルタ航空について デルタ航空は年間約1億8,000万人以上の搭乗者数と広範なネットワークを持つ航空会社です。フォーチュン誌の「2017年世界で最も賞賛される企業リスト」の航空業界部門(2017 World's Most Admired Companies Airline Industry List)において、7年間で6度目の1位を獲得し、「世界で最も賞賛される企業」トップ50社にも選ばれたほか、米ビジネストラベルニュース誌調査で初の6年連続トップに選ばれました。デルタ航空およびデルタ・コネクションは、世界58カ国、322都市に向けてフライトを運航しています。米国ジョージア州アトランタに本社を置き、世界で8万人超の従業員を擁し、800機以上の主要機材を運航しています。航空連合(アライアンス)「スカイチーム」の創立メンバーであり、大西洋路線においてはエールフランス-KLM、アリタリア-イタリア航空、およびヴァージン アトランティック航空と共同事業を展開しています。アトランタ、ボストン、デトロイト、ロサンゼルス、ミネアポリス/セントポール、ニューヨーク(ラ・ガーディアおよびJFK)、ソルトレイクシティ、シアトル、アムステルダム、パリ(シャルルドゴール)、ロンドン(ヒースロー)、東京(成田)をハブ空港および主要マーケットと位置づけ、提携航空会社と合わせて一日に1万5,000便以上のフライトを運航しています。機内および空港での顧客エクスペリエンスの向上を目指し、空港施設や機内プロダクトの改善、サービス向上とテクノロジー導入に数十億ドルを投資しています。詳しくはホームページdelta.comをご覧ください。  写真提供:トラベル・ポートランド(ポートランド観光協会)「ポートランド市内 イメージ」
Dec. 9, 2019, 5:08 p.m.
article
Body
【東京、2017年3月7日】 –デルタ航空(NYSE:DAL)は、ホノルル路線プロモーションの一環として、女性に人気のバッグメーカーrusset(ラシット)とコラボレーションし、同社の2017年春夏シリーズ「ハワイに行きたくなるバッグ」の企画・製作に協力しました。このバッグの発売を記念し、3月22日より期間限定キャンペーンを実施します。 デルタ航空とラシットのコラボレーションにより誕生したバッグは、ラシットの代名詞ともいえるモノグラム柄に織ったナイロンジャカードの生地に、鮮やかなアロハプリントを施した特別仕様です。「ヴィンテージアロハ」をテーマに、パイナップル、ヤシの木、ハイビスカスをモチーフとしたプリントデザインは、テキスタイルデザイナー・梶原加奈子氏のオリジナルで、生地へのプリントはすべて職人の手作業によるものです。デルタ航空をイメージした「ネイビー」と、旅の気分を盛り上げる「ピンク」の2色を用い、デルタ航空のロゴと飛行機モチーフ入りのレザーチャームが付いたトートバッグとショルダーバッグ、共布のポーチの3種類を製作しました。 トートバッグは、大容量ながら飛行機の座席の下や頭上の棚に収まるサイズで、空港での荷物検査や移動中に中の荷物が飛び出ないよう上部にファスナーをつけ、背面ポケットをトロリーと合体できる仕様にするなど、旅行に適した工夫を随所に施しています。ショルダーバッグは、旅先での観光や買い物、レストランやバーなどでも使えるサイズで、共布のポーチは、旅行中に必要な小物類を入れるのに便利な手のひらサイズです。 デルタ航空とラシットが贈る「ハワイに行きたくなるバッグ」は、3月22日(水)より全国のラシット店舗とオンラインストアで数量限定で販売します。(※数量限定商品のため、無くなり次第、販売終了します。)また、旗艦店「ラシット丸の内店」では、デルタ航空のお客様(対象期間のデルタ航空日本発着便のEチケットや搭乗券の半券をお持ちの方)を対象に特別割引を実施します*1。 さらに、今回のコラボレーションを記念して、発売開始から4月11日まで全国のラシット、55店舗にてデルタ航空のハワイ路線のプロモーションを行うほか、ラシットのオフィシャルサイトにて3月22日から4月21日まで、ホノルル行き往復航空券が当たるキャンペーン(オープン懸賞)を実施します。詳しくはラシットオフィシャルサイトおよびデルタ航空機内誌旅のブログhttp://deltaskyinfo.jp/へ。 東京、大阪、名古屋、福岡とハワイのホノルルを直行便で結ぶデルタ航空では、ホノルル路線のプロモーションに力を入れており、今年2月にはフラ協議世界大会の日本予選大会「フラオニエ・ジャパン2017」に協賛し、3月にはハワイを代表するミュージシャン、ケアリイ レイシェル の日本全国ツアー(3月13日から20日)に特別協賛しています。 *1 デルタ航空のお客様向け割引の対象となる航空券は、日本発着路線であること、旅行日程に2016年1月1日から2017年12月31日が含まれることです。なお、割引はお一人様1回きりの適用となります。適用可否の判断はラシット丸の内店の裁量となります。 デルタ航空のハワイ路線について デルタ航空は成田(東京)、関空(大阪)中部(名古屋)福岡の日本の4大都市とハワイのホノルルを直行便で結んでいます。ビジネスクラス「デルタ・ワン」は、完全に水平になるフルフラットベッドシートで、全席が通路に直接出られる1-2-1の座席配列です。和洋選べるコース料理、一流のワインとリキュール類、ウェスティンホテル開発のヘブンリー寝具、TUMIのアメニティキットと共に快適にお過ごしいただけます。エコノミークラス「メインキャビン」では、日本語メニュー、スリープキットと機内用スリッパをご用意し、お食事とスターバックスコーヒー、ソフトドリンク類、ビール、ワイン、日本酒は無料です。足もとが約10センチ広く、リクライニング角度が1.5倍になる「デルタ・コンフォートプラス」では、メインキャビンのサービスに加え、優先搭乗のサービスや、専用の頭上の荷物棚が利用いただけるほか、歯磨きセット入りのアメニティキットを提供します。最新のオンデマンド型機内エンターテインメントシステム「デルタ・スタジオ」は、日本語で観られる洋画や邦画が計100タイトル程用意されているなど、全席個人用モニターで充実のラインナップを無料でお楽しみいただけます。詳しくはデルタ航空ウェブサイトdelta.comをご覧ください。delta.com ラシットについて 株式会社パルが提供する日本のバッグブランドです。コンセプトは、何年経っても色褪せず、使い込むほどにその人に馴染んでいく。時代の感性を取り入れながらも、どこか懐かしく優しいデザイン。だからこそ、かけがえのない存在として、いつまでも愛される。そんな、究極の定番となりうる商品をご提案します。「ハワイに行きたくなるバッグ」は、ラシットの2017年春夏テーマ「VINTAGE ALOHA(ヴィンテージ・アロハ)」シリーズの中のひとつです。http://russet.jp/ デルタ航空×ラシット トートバッグ ¥29,160(税込) デルタ航空×ラシット ショルダーバッグ ¥23,760(税込) デルタ航空×ラシット ポーチ ¥5,940(税込) ラシット丸の内店 住所 東京都千代田区有楽町1-12-1 新有楽町ビル 1F 電話番号 03-3217-2700 営業時間11:00~20:00 http://www.marunouchi.com/shop/detail/7334 デルタ航空について デルタ航空は年間約1億8,000万人以上の搭乗者数と広範なネットワークを持つ航空会社です。フォーチュン誌の「2017年世界で最も賞賛される企業リスト」の航空業界部門(2017 World's Most Admired Companies Airline Industry List)において、7年間で6度目の1位を獲得し、「世界で最も賞賛される企業」トップ50社にも選ばれたほか、米ビジネストラベルニュース誌調査で初の6年連続トップに選ばれました。デルタ航空およびデルタ・コネクションは、世界57カ国、323都市に向けてフライトを運航しています。米国ジョージア州アトランタに本社を置き、世界で8万人近い従業員を擁し、800機以上の主要機材を運航しています。航空連合(アライアンス)「スカイチーム」の創立メンバーであり、大西洋路線においてはエールフランス-KLM、アリタリア-イタリア航空、およびヴァージン アトランティック航空と共同事業を展開しています。アトランタ、ボストン、デトロイト、ロサンゼルス、ミネアポリス/セントポール、ニューヨーク(ラ・ガーディアおよびJFK)、ソルトレイクシティ、シアトル、アムステルダム、パリ(シャルルドゴール)、ロンドン(ヒースロー)、東京(成田)をハブ空港および主要マーケットと位置づけ、提携航空会社と合わせて一日に1万5,000便以上のフライトを運航しています。機内および空港での顧客エクスペリエンスの向上を目指し、空港施設や機内プロダクトの改善、サービス向上とテクノロジー導入に数十億ドルを投資しています。詳しくはホームページdelta.comをご覧ください。 
Dec. 9, 2019, 4:58 p.m.
article
Body
【東京、2017年2月14日】 – デルタ航空会社(日本支社 東京都港区4-3-1、日本支社長 森本 大)は、ウェスティンホテル東京(東京都目黒区三田 1-4-1 / 総支配人 チャールズ・ジャック)と共催で、3月17日の”世界睡眠の日(ワールド・スリープ・デー)”にあわせて、上質な眠りをご体感いただく一泊二日のイベント『ウェスティン・スリープウェル・エスケープ』を開催いたします。 今回の『ウェスティン・スリープウェル・エスケープ』のコンセプトは癒しの旅先であるハワイ。上質な眠りの代名詞ともいえる「ヘブンリーベッド™」を提供するウェスティンと、快適な空の旅を提供し、ビジネスクラス「デルタ・ワン」でエアライン用ヘブンリーベッド寝具を採用しているデルタ航空(※1)がコラボレートし、お食事、トークショー、癒しのレッスン、宿泊をセットにしてお届けします。宿泊が難しい皆様には日帰りプランもご用意しています。 会場には人間工学に基づき開発され雲の上の寝心地を実感できる「ヘブンリーベッド™」の他、デルタ・ワンの完全に水平になるフルフラットベッドシートを展示し、ホテル・機内で上質な眠りを提供する両社のファシリティを体感いただけます。さらに、ハワイで人気の「モアナ サーフライダー ウェスティン リゾート&スパ」から届いた押し寄せる波の音と輝く青い海の映像が、ハワイにいるかのような穏やかな時間を演出します。 イベント初日は、各自お部屋にチェックイン。クムフラ(フラの先生、師)によるフラダンスと「ウェスティンスリープウェルメニュー(※2)」を取り入れたブッフェスタイルのディナーをお楽しみください。人気番組「ハワイに恋して」のナビゲーター・内野亮さんと『CREA Traveller』 編集長の倉林里実さんによるトークショー「まだ誰も知らないハワイの癒し体験&スポット」で、新たなハワイの癒しを発見していただいた後、ヨガに独自のハワイアンエッセンスを取り入れた「alohaflow」を現地で指導するMi’ilani Yoshiko Cooperさんをインストラクターに迎えたセッションを体験いただきます。 心身ともにリラックスされた皆様を「心身の再生」を追求して開発された「ヘブンリ―ベッド™(※3)」が雲の上の寝心地でお迎え、上質な眠りと今までにないすがすがしい朝をお約束いたします。 二日目の朝は、目覚めのフラストレッチと一日を心地よくスタートするためのalohaflowのセッションを体験後、ヘルシーな朝食をお楽しみください。 また、ウェスティンホテル東京とデルタ航空のコラボレーション記念として、デルタ航空のデルタ・ワンで上質な眠りをとりながらハワイに飛び、ワイキキの中央に位置する癒しのホテル「モアナ サーフライダー ウェスティン リゾート&スパ」に泊まるハワイの旅プレゼントキャンペーンを実施します。さらに、同内容のパッケージツアーをファーストワイズ(株式会社セブンフォーセブンエンタープライズ、観光庁長官登録第1111号)より販売いたします。イベントにご参加の皆様が同パッケージツアーにお申込みいただく場合、特典としてホテル内レストラン「ビーチハウス」でのペアディナー券(※4)をご用意しております。 ※1:デルタ航空は機内での睡眠環境を向上させるため、ウェスティンホテルがデルタ航空専用に開発した「ヘブンリーベッド」製品を、2013年2月より長距離線のビジネスクラスに導入しています。 ※2:「スーパーフードRx」のエキスパートが推奨する休息や疲労回復を促進するとされる栄養素を多く含んだメニュー。 ※3:ウェスティンでは多忙な生活をおくる方々へ上質な睡眠をご体感いただけるよう全客室に導入されています。 ※4:同パッケージツアーへの一般申し込みの場合は先着20名様への特典となります。 <トークショーゲスト> 内野亮(うちの まこと) ※現状の予定であり、今後変更の可能性もございます ハワイ在住30年の人気ナビゲーター。現在、BS12「ハワイに恋して」レギュラー出演中のほか、人気雑誌のコーディネートやハワイ本も多数出版。オフィシャルブログ:http://lineblog.me/uchinomakoto/ 倉林里実(くらばやし さとみ) 『CREA Traveller(クレアトラベラー)』(文藝春秋 刊)編集長。立教大学卒業後、金融機関を経て、米ハーバード大学へ短期留学。2004年より出版業界に転身、ライフスタイル誌に編集長として携わる。2008年よりデスクとして『CREA』編集部に所属、2010年『CREA』編集長へ。2013年8月より現職。 <インストラクター紹介> Miʻilani Yoshiko Cooper (オアフ在住) Kumu Hula (クムフラ) /Hālau Kihene Pua Uluwehi主宰。 ハワイ大学ハワイ学科卒、ハワイ大学言語学科修士課程修了。 フラの理解を深める為に始めたヨガでも全米ヨガアライアンス200時間修了。専門分野のハワイ文化とヨガを融合したヒーリングワークアウトalohaflowを独自で考案 ...
Dec. 9, 2019, 4:52 p.m.
article
Body
【東京、2017年1月24日】 – デルタ航空(NYSE:DAL)は、ハワイ路線プロモーションの一環として、ハワイを代表するミュージシャンで、日本にも多くのファンを持つケアリイ・レイシェル氏の日本公演に特別協賛し、3月13日から20日まで、「デルタ航空presentsケアリイ レイシェル ジャパンツアー2017(主催:ヤスダインターナショナル、WOWOW、InterFM897、博報堂DYメディアパートナーズ、ぴあ)」として全国展開します。 ケアリイ・レイシェルはハワイのマウイ島・ラハイナ育ちのミュージシャンです。音楽だけでなく、ハワイ語やハワイ文化への造詣が深く、フラの指導者「クムフラ」であり、クムがフラの踊り手のために唱えたり、踊り手自身が踊りながら唱える「チャント」を担当する「チャンター」としての顔も持ち合わせるため、音楽ファンのみならず、フラ愛好家からも絶大な支持を集めています。今回の日本公演は、「震災から5年以上が経過した現在も傷ついている日本のファンにあらためて勇気と希望を与えたい」。そんな気持ちを込めて、マウイ島から自身のハラウ(フラの教室)を率いて、フラのステージも披露します。 デルタ航空がホノルル路線を運航する東京、大阪、名古屋、福岡のコンサート会場では、デルタ航空のブースを出展し、ホノルル直行便の利便性や、機内サービスの紹介を行うと共に、記念品(数量限定)を無料で配布します。また、ケアリイ・レイシェル氏のスペシャルインタビューと、ケアリイ氏おすすめのハワイスポットを掲載した日本語機内誌「SKY」の3・4月号も配布します。 このほか、デルタ航空では、毎年9月にホノルルで開催されるフラ競技世界大会「Hula Oni E Hula Festival」に出場する日本チームを決定するために2月に行われる日本予選大会、「フラオニエ・ジャパン2017」にも協賛し、ホノルル便の重要な顧客層であるフラダンスファンに向けて、デルタ航空ブランドの浸透を目指します。 デルタ航空日本支社長の森本大(もりもと・まさる)氏は、次のように述べています。「デルタ航空では、成田、関空、中部、福岡からホノルルへの直行便を運航しています。業界に先駆け、ビジネスクラスにフルフラットシートを導入したり、機内Wi-Fiや機内エンターテインメントを全客室に装備するなど、ホノルル線の機内サービスには定評があります。当社にとって、ハワイの音楽やフラを愛するファンの皆様は、ハワイへ頻繁に渡航される大変重要なお客様です。ハワイファンが集うイベントを積極的に支援することにより、さらに多くの方にデルタ航空のホノルル路線の魅力を知っていただき、ご利用いただけるきっかけになることを期待しています。」 デルタ航空のハワイ路線について デルタ航空は成田(東京)、関空(大阪)中部(名古屋)福岡の日本の4大都市とハワイのホノルルを直行便で結んでいます。ビジネスクラス「デルタ・ワン」は、完全に水平になるフルフラットベッドシートで、全席が通路に直接出られる1-2-1の座席配列です。和洋選べるコース料理、一流のワインとリキュール類、ウェスティンホテル開発のヘブンリー寝具、TUMIのアメニティキットと共に快適にお過ごしいただけます。エコノミークラス「メインキャビン」では、日本語メニュー、スリープキットと機内用スリッパをご用意し、お食事とスターバックスコーヒー、ソフトドリンク類、ビール、ワイン、日本酒は無料です。足もとが約10センチ広く、リクライニング角度が1.5倍になる「デルタ・コンフォートプラス」では、メインキャビンのサービスに加え、優先搭乗のサービスや、専用の頭上の荷物棚が利用いただけるほか、歯磨きセット入りのアメニティキットを提供します。最新のオンデマンド型機内エンターテインメントシステム「デルタ・スタジオ」は、全席個人用モニターで充実のラインナップを無料でお楽しみいただけます。詳しくはデルタ航空ウェブサイトdelta.comをご覧ください。delta.com ケアリイ レイシェル ジャパンツアー2017について Remember ~今も忘れない日本への深い愛~ ■公演名称: デルタ航空presentsケアリイ レイシェル ジャパンツアー2017 Remember ~今も忘れない日本への深い愛~ ■主  催: ヤスダインターナショナル、WOWOW、InterFM897、博報堂DYメディアパートナーズ、ぴあ ■特別協賛: デルタ航空 ■後  援: TOKYO FM、ハワイスタイル、LaniLani ■開催日時: 福岡公演  2017年3月13日(月) 18:00開場19:00開演 名古屋公演 2017年3月14日(火) 18:00開場19:00開演 大阪公演  2017年3月15日(水) 18:00開場19:00開演 札幌公演  2017年3月17日(金) 18:00開場19:00開演        東京公演  2017年3月19日(日) 15:00開場16:00開演 2017年3月20日(月祝)15:00開場16:00開演 *東京公演のチケットは残り少なくなっています。ご希望の方は主催者ホームページをご確認ください。 ■開催場所: 福岡公演  福岡市民会館 名古屋公演 日本特殊陶業市民会館 大阪公演  NHK大阪ホール 札幌公演  わくわくホリデーホール 東京公演  舞浜アンフィシアター ■チケット: VIP席¥25,000 S席¥10,800  A席\9,000  ※税込 ■ホームページ: ...
Dec. 9, 2019, 4:47 p.m.
article
Body
【東京、2017年1月5日】 – デルタ航空(NYSE:DAL)は、日本とパラオ共和国をつなぐ唯一の定期直行便を運航する航空会社として、年間を通じてパラオの観光促進に努めています。このたび、東急不動産株式会社が開発・経営し、パラオを代表するリゾートホテルである「パラオ パシフィック リゾート」と共同で、パッケージツアー利用者向けの特別プロモーションを展開します。 「デルタ航空・パラオ パシフィック リゾート スペシャルプログラム」は、2017年4月から6月(ゴールデンウィーク期間の4/29-5/7を除く)に催行される、デルタ航空の成田-パラオ・コロール直行便を利用し、パラオ パシフィック リゾートに宿泊するパッケージツアーを申し込むと、“同ホテルでのビュッフェディナー1回と、ロングビーチとミルキーウェイツアー、又はミルキーウェイ・ロックアイランドのオプショナルツアーが特典として提供されるものです。これらのオプショナルツアーは、パラオのランドオペレーターであるベラウツアーおよびインパックツアーズの協力を得て実施されます。 同プログラムは、JTB、HIS、近畿日本ツーリスト、エス・ティー・ワールド、グローバルサービス、楽天トラベル、旅工房が提供するパッケージツアーでご利用いただけます。HISなどの一部ツアーでは予約受付が開始されており、1月後半までに全てのツアーが出揃います。対象ツアーには、統一デザインのキャンペーンロゴを入れて、認知度を高めます。  対象ツアーの一例: HIS ■初夢フェア第2弾■<土曜日出発>デルタ航空直行便・往復「並び席」で行く! 【パラオならでは】を満喫できるプランが盛りだくさん パラオ5日間 パラオパシフィックリゾート(ガーデンビュー)に滞在  *ツアー条件その他注意事項は、各ツアーの詳細ページをご参照ください http://tour.his-j.com/trip/ciao/voyage/02A_10/TC-HRL5001-FE202/?hotel_room_type=2 デルタ航空日本支社長、森本大(もりもと・まさる)は次のように述べています。「パラオは世界的に有名なダイビングスポットですが、ダイビングをしない旅行者の皆様にも楽しんでいただける、大変魅力のあるリゾート・ディスティネーションです。日本とパラオを結ぶ唯一の定期直行便を運航するデルタ航空と、優雅なビーチステイを提供するパラオ パシフィック リゾート、そしてパラオ旅行を提案してくださる旅行会社の皆様のご協力を得てパラオの特別プロモーションを行うのは初めてのことであり、このプログラムを通じて、より多くの方にパラオの魅力を知っていただきたいと思います。」 パラオ共和国について パラオ共和国は東京の3,200キロメートル南、フィリピンの約800キロメートル東に位置する太平洋上の島国です。スキューバダイビングをはじめ、美しい自然の中に様々な観光資源を持つ国で、年間3万人近くの日本人観光客が訪れており、近年ではダイビング以外の観光ニーズも高まっています。2012年7月には、パラオの「南ラグーンとロックアイランド」が世界遺産(文化・自然の複合遺産)に登録されました。デルタ航空は2010年12月末から成田-コロール線の運航を開始し、現在は週2便を定期運航しています。 写真提供:ベラウツアー パラオ パシフィック リゾート(PPR)について パラオ パシフィック リゾートは、東急不動産株式会社が開発・経営しています。頭文字をとってPPR(ピーピーアール)という略称で広く知られるリゾートは、白い砂浜に縁取られた太平洋と約25ヘクタールを誇る緑豊かなトロピカルガーデンに抱かれた楽園です。この贅沢なリゾートホテルの全165室 は南太平洋の雰囲気満点のインテリアで飾られ、ビーチリゾートホテルならではのアメニティが揃っています。PPRには レジャーアクティビティ及び様々なリゾート施設 が備わり、滞在中ご利用いただけます。ダイバーにとっても、ノンダイバーにとっても楽園のようなホテル、それがパラオ パシフィック リゾートです。Republic of Palau, 96940, Koror, Palau  日本地区セールスオフィス〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-10-7 五島育英会ビル3階  株式会社インターナショナルレストランサービス内 TEL: 03 5428 8463  https://www.palauppr.com/jp/ 写真提供:パラオ パシフィック リゾート デルタ航空について デルタ航空は年間約1億8,000万人近くの搭乗者数と広範なネットワークを持つ航空会社です。フォーチュン誌の「2016年世界で最も賞賛される企業リスト」の航空業界部門(2016 World's Most ...
Dec. 9, 2019, 4:43 p.m.
article
Body
【東京、2016年10月30日】 – デルタ航空は本日10月30日より、羽田-ミネアポリス/セントポール便の運航を開始し、これまで深夜時間帯に運航していた羽田-ロサンゼルス便を昼間に移行しました。 これにより、デルタ航空は、羽田空港から西海岸と東海岸の両方を網羅する二つの拠点空港に就航する唯一の米国航空会社となりました。羽田-ミネアポリス便は、ミネアポリスから全米およびカナダの110都市への乗り継ぎに、羽田-ロサンゼルス便は、ロサンゼルスから35以上の北米都市への乗り継ぎにご利用いただけます。 これを祝して、本日15時15分より、羽田-ミネアポリス便の出発ゲート前にて、就航記念式典を開催しました。 就航式典にて、デルタ航空日本支社長、森本大(もりもと・まさる)は次のように述べました。「このたび、日中の時間帯に、新たな“羽田から北米”への路線を就航できましたのは、ここにお集まりの皆様のご尽力のおかげです。特に、日米両国の政府の皆様には、たいへんお世話になりました。また、本日の羽田ミネアポリスの初便にご搭乗のお客様、北米へのご旅行に、多くの航空会社がある中、デルタ航空をお選び頂き、誠にありがとうございました。羽田空港におきましては、北米路線の就航を受けて、いよいよ本格的な国際化がスタートしました。今後、2020年までに、より早く、より多くの発着枠を配分頂き、競合他社に先駆け、羽田空港から北米の主要都市への就航ができるように努力してゆきます。引き続き、皆様方のご支援を頂けますよう、宜しくお願い致します」。 また、ご来賓として、在日米国大使館 経済・科学担当公使 ニコラス・ヒル様、東京国際空港長 今込 毅(いまごめ・たけし)様、東京国際空港ターミナル株式会社 代表取締役社長 土井 勝二(どい・かつじ)様にご臨席いただき、就航に際してお言葉を頂戴いたしたのち、ミネアポリス便の機長らも加わり、テープカットのセレモニーを実施いたしました。 式典の模様は次のとおりです。 主催者および来賓によるリボンカットセレモニー 写真向かって左より、 デルタ航空会社 DL120 便 機長William Rohde ウィリアム・ローデ デルタ航空会社 東京国際空港(羽田)支店長 岡崎 賢一(おかざき・けんいち) 東京国際空港ターミナル株式会社 代表取締役社長 土井 勝二(どい・かつじ)様 在日米国大使館 経済・科学担当公使 ニコラス・ヒル様 デルタ航空日本支社長 森本 大(もりもと・まさる) 東京国際空港長 今込 毅(いまごめ・たけし)様 デルタ航空会社 日本地区 空港本部 本部長 田中 勇三(たなか・ゆうぞう) デルタ航空会社 DL120 便 機長Brad Jones ブラッド・ジョーンズ *デルタ航空の長距離路線ではパイロットが2組、4名搭乗しております関係上、機長が2名おります。 主催者および来賓による記念撮影 羽田-ミネアポリス便初便の乗務員による記念撮影 羽田-ミネアポリス便初便にご搭乗のお客様への記念品: ステッカーおよび初便搭乗証明書 羽田-ミネアポリス直行便(毎日1便)のスケジュールは次のとおりです。 ...
Dec. 9, 2019, 4:36 p.m.