発行済みのeクレジットの有効期限をさらに1年延長します。

デルタ航空は、お客様がより柔軟にご旅行の計画を立てられるよう、新型コロナウイルスの影響によりトラベルバウチャーとして発行された「eクレジット」の期限をさらに1年延長し、2023年末まで使用できるようにしました。

112日より、発行済みのeクレジットをお持ちのお客様は、さらに1年の猶予をもって、再予約とご旅行ができるようになります。航空券の予約は20231231日まで、ご旅行は2024年内まで可能になります。

また、2022年にご旅行を予定している、または2022年にデルタ航空の航空券を購入したすべてのお客様は、予定が変更になった場合、20231231日まで航空券の再予約ができ、2024年末までに旅行することができるようになります。

デルタ航空のチーフ・カスタマー・エクスペリエンス・オフィサーであるアリソン・オズバンド(Alison Ausband)は、次のように述べています。「お客様が安心してデルタ航空の航空券を予約もしくは再予約できるようにしたいと思っています。今回の延長により、トラベルバウチャーを利用できる期間が長くなるので、お客様ご自身ではコントロールできない事態が発生しても、デルタ航空なら安心してご予約いただけます。」

システムの更新に時間がかかるため、発行済みのeクレジットの有効期限が変更されていない場合でも、2022年および2023年中であればいつでもeクレジットを使って航空券をご予約いただけます。

eクレジットを使った再予約は、公式ホームページ https://ja.delta.com/edocs/redeem-documents または Fly Delta アプリをご利用ください。

Related Topics:
Share