Skip to main content

デルタ航空、ニューヨーク・ラガーディア空港のターミナルCに新施設をオープン

Share

デルタ航空は、40億ドルを投資しているニューヨーク・ラガーディア空港の改装プロジェクトのうち、ターミナルCの工事をこのほど完了し、64日に新規オープンしました。

grand_entrance_dal_lga_open-147.jpg

デルタ航空CEOのエド・バスティアンは、次のように述べています。「今日、この素晴らしい新ターミナルがオープンし、ラガーディア空港のお客様と従業員にとって新たなスタートとなりました。デルタ航空では、10年以上前からニューヨーク路線を拡大し、シェアを獲得することに取り組んでおり、ニューヨークでナンバーワンの航空会社になるために揺るぎない努力を続けてきました。」

デルタ航空は、パンデミックの間に工期を前倒ししたため、この施設を当初の予定よりも早くオープンすることができました。4つのコンコースからなるターミナル全体が完成するのは、2024年末の予定で、計画より約2年早まります。完成時には、ターミナルCとターミナルDが統合され、4つのコンコースに37のゲートを備えた面積130万平方フィート(約12万平方メートル)の施設となります。

LaGuardia Airport (LGA)

デルタ航空は、旅の未来に対するビジョンを強化し続けており、快適で移動しやすく、簡単に乗り継ぎができ、テクノロジーの進化に合わせて新しい革新的な体験を提供できるような未来の空港を建設しています。

直近では、ロサンゼルス国際空港で、23億ドルを投資したスカイウェイ・プロジェクトの主要な第1フェーズを完了し、4月にオープンしました。

ラガーディア空港のターミナルCは、ニューヨークの旅行者が求める効率性とスピードを追求し、ハンズフリーの手荷物預け入れ機、セルフサービス・チェックイン、デジタルIDスクリーニング機能などの最新技術により、ゲートまでの移動が迅速かつ直感的に行えるようになりました。

on-your-way_dal_lga_open-236.jpg

広々とした中央ロビーには、36のフルサービスチェックインカウンターと、49のセルフサービスチェックイン機が設置されています。また、預入れ手荷物がないお客様は、11ある保安検査場のひとつに直接向かうオプションも利用できます。5つあるターミナルの入口すべてに手荷物預入れカウンターが設置され、すぐに手荷物を預けることができます。

checkins_dal_lga_open-194.jpg

ターミナルCでは、効率性とともに視覚的デザインも重視しています。クイーンズ美術館との提携によりワールドクラス・アートプログラムを導入し、6人の地元アーティストによる作品を展示しています。これらの作品は、ニューヨークの移民の歴史や、ニューヨークの人々と街の多様性の重要性などを表現しています。

artwork1_dal_lga_open-580_1.jpg

もうひとつの特徴はデジタルアートです。保安検査場の頭上には34枚のレンチキュラーパネルで構成された巨大なデジタルアートが展示されているほか、チェックインロビーに設置された238フィートのスクリーンには、保安検査の待ち時間、英語とスペイン語の案内表示、スカイクラブの空席状況、ゲート情報などが表示される予定です。

LaGuardia Airport (LGA)

4つのコンコースのうち2番目にオープンしたコンコースEには、新たに10のゲートが設置され、そのうち9つは64日のオープンと同時に稼働しています。様々なタイプのナローボディ機に対応することができ、ゲート前の待合スペースは充分な広さがあります。また、デルタ航空の長年のパートナーであるOTGが、さまざまなレストランをオープンし、空港内の小売業者であるステラ・パートナーズ(Stellar Partners)は、Le LaboMACなどの専門店やギフトショップなどを誘致しました。

LaGuardia Airport (LGA)
sunday_supper_food_dal_open_060122_066.jpg

ラガーディア空港には、新たなセントラル・ヘッドハウスとコンコースに加え、デルタ航空最大のデルタ スカイクラブが設置されました。34,000平方フィート(約3,159平方メートル)の敷地面積(完成時)に約600名のゲストが着席できるこのラウンジでは、ハーレクイン柄の間仕切りや温かみのある色の金属など20世紀初頭のニューヨークを思わせる建築様式を取り入れ、キッチン、プレミアムバー、2箇所のフードビュッフェとドリンクステーションを備えています。また、ニューヨークの国際的なアートシーンを反映したアートワークが随所に施されています。将来的には、年間を通して利用できる全天候型のスカイデッキ、2つ目のプレミアムバー、3つ目のドリンクステーションが追加される予定です。

skyclub1_dal_lga_open-717.jpg
skyclub2_dal_lga_open-734.jpg

また、ターミナルCにはマルチセンサールームがあり、知覚過敏のお客様やそのご家族が旅行中に落ち着けるような環境を提供しています。

デルタ航空の広範なサステナビリティへの取り組みを支援するため、ターミナルCLEED®認証のシルバーを取得し、以下のようなサステナブルな要素を随所に盛り込む予定です。

  • LED照明
  • 天候や時間帯に応じて自動的に色合いを変化させる外装ガラス
  • 電動式の空港業務支援車両(GSE)用の充電器
  • オフタイムに氷を生産して日中に冷却し、ピーク時の電力需要を削減する製氷工場

ターミナルC改装プロジェクトでは、約9,000人の建設労働者と数百人の建築家、エンジニア、検査官、専門の建設管理スタッフを雇用し、さらに、これまでのプロジェクトの総契約数の35%以上をマイノリティや女性が所有する企業と締結しています。

LaGuardia Airport (LGA)

デルタ航空はラガーディア空港最大の航空会社であり、今夏は約70都市へ1日最大255便を運航しています。ラガーディア空港とJFK空港の2つをハブ空港と位置付け、ニューヨークから合わせて120以上の国内外の都市に向けて、1日最大465便を運航しています。

viewdownescalator_dal_lga_open-1107_1.jpg

ラガーディア空港のデルタ・スカイウェイ・プロジェクトの第2フェーズは、地上および機内での旅行体験を改革するために、デルタ航空が10年以上にわたり120億ドルを投資している計画の一部であり、最近完成したシアトル国際空港の国際線到着施設やロサンゼルス国際空港のヘッドハウスの完成に続くものです。

departure_dal_lga_open-918_1.jpg