Article
2020年第4四半期のGAAP税引前損失は11億ドル、 1株当たり1.19ドルの損失で、収益合計は40億ドル 2020年第4四半期の調整済み税引前損失は21億ドル、 1株当たり2.53ドルの調整済み損失で、調整済み収益 合計は35億ドル 2020年通年のGAAP税引前損失は156億ドル、 1株当たり19.49ドルの損失で、収益合計は171億ドル 2020年通年の調整済み税引前損失は90億ドル、 1株当たり10.76ドルの調整済み損失で、調整済み収益合計は159億ドル 2020年期末の流動性は167億ドル 【米国アトランタ、2021年1月14日】 - デルタ航空(NYSE:DAL)は

人と文化

Article
Body
米国のソックスメーカー、ボンバス(BOMBAS)が実施している寄付活動に協力するため、1ヶ月間「デルタ・ワン」のアメニティキットに入っているソックスを、ボンバス製品に変えて提供します。
Oct. 22, 2019, 2 a.m.
Article
Body
4月27日(土)から5月6日(月・祝)まで東京ミッドタウンで開催される「HML FESTIVAL 2019 (エイチ・エム・エル・フェスティバル)」の冠スポンサーを務め、デルタ航空のハワイ便のプロモーションを行います。
Dec. 9, 2019, 11 a.m.
Article
Body
アメリカ国外でのデルタ航空のブランド認知度を向上するため、4月11日から14日までジョージア州オーガスタで開催されるプロゴルフ大会「マスターズ・トーナメント」のインターナショナルパートナーとして、広告やソーシャルメディアを通じたプロモーションを各国で展開します。
Dec. 9, 2019, 11 a.m.

プロダクトとサービス

Article
Body
羽田空港国際線旅客ターミナルの北側5階にて、「デルタ スカイクラブ」の新設工事を再開しました。
Dec. 1, 2020, 8 p.m.
Article
Body
A350-900型機2機と、A330-900neo型機3機が、9月中旬と12月初旬にフランスのトゥールーズにあるエアバス社から成田空港に到着します。
Sept. 9, 2020, 2 a.m.
Article
Body
「デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カード」および「デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス®・カード」の2種類の提携カード保有会員に対し、特別措置を実施します。
July 7, 2020, 12 a.m.

路線

Article
Body
太平洋および大西洋横断の主要路線において運航便を拡大します。
Nov. 10, 2020, 10 p.m.
Article
Body
羽田空港とシアトル、デトロイト、アトランタ、ホノルル、オレゴン州ポートランドを結ぶ5路線の承認を獲得しました。
Aug. 13, 2019, 12 a.m.
Article
Body
羽田空港とシアトル、デトロイト、アトランタ、ポートランド、ホノルルを結ぶ5路線の仮承認を獲得しました。
Dec. 9, 2019, 11 a.m.

運航

Article
Body
1ヶ月間の搭乗者数は、全路線合計で約1,570万人となり、11月の最高記録を更新しました。
Dec. 8, 2019, 1 a.m.
Article
Body
1ヶ月間の搭乗者数は、全路線合計で約1,750万人となり、10月の最高記録を更新しました。
Dec. 8, 2019, 1 a.m.
Article
Body
1ヶ月間の搭乗者数は、全路線合計で約1,650万人となり、9月の最高記録を更新しました。当四半期(7月~9月)の搭乗者数は約5,520万人となり、四半期の搭乗者数の最高記録を更新しました。
Oct. 22, 2019, 2 a.m.

事業

Article
Body
2020年第4四半期のGAAP税引前損失は11億ドル、 1株当たり1.19ドルの損失で、収益合計は40億ドル 2020年第4四半期の調整済み税引前損失は21億ドル、 1株当たり2.53ドルの調整済み損失で、調整済み収益 合計は35億ドル 2020年通年のGAAP税引前損失は156億ドル、 1株当たり19.49ドルの損失で、収益合計は171億ドル 2020年通年の調整済み税引前損失は90億ドル、 1株当たり10.76ドルの調整済み損失で、調整済み収益合計は159億ドル 2020年期末の流動性は167億ドル 【米国アトランタ、2021年1月14日】 - デルタ航空(NYSE:DAL)は、2020年12月を期末とする第4四半期と2020年通年の業績、および2021年第1四半期予測を発表しました。GAAP基準および調整済みの結果を含む、デルタ航空の2020年第4四半期および通年の業績を5ページに記載いたします。概要は以下のとおりです。 デルタ航空の最高経営責任者、エドワード・バスティアン(Edward Bastian)は、次のように述べています。「2020年第4四半期はデルタ航空史上最も厳しい1年を締めくくるものでした。苦難に直面しても高い士気を保ち、お客様を第一に考えながら回復にまい進し、関係者の期待に応えられるように務めてくれたデルタ航空従業員に感謝しています。2021年もまだ厳しい状況は続きますが、今年は回復の年であり、再び売上増、収益性拡大、フリーキャッシュ創出をもたらすことのできる、より強いデルタ航空になるためのターニングポイントの年になると確信しています。」 2020年10月~12月期の業績概要 調整済み税引前損失の21億ドルには、10億ドル近い新型コロナウイルスへの直接対応、対策費用(当四半期中に得たCARES法の給与サポートプログラム(PSP)による補助金で相殺した社員への給与および福利厚生内容の変更分を含む)は含まれていません。 販売可能な座席供給量が前年比で62%減少したため(注Aを参照)、調整済み営業利益は前年比で69%の減の35億ドルとなりました。 前述の新型コロナウイルス関連費用9億3,000万ドルを含む営業経費合計は前年比で52億ドル減少しました。これらの項目と精油所の第三者向けの売上による調整分を計上した第4四半期の営業経費合計は、座席供給量や売上関連の経費減少とコスト管理の強化により、前年比46億ドル減少(47%減)しました。 当四半期中の現金流出(注Bを参照)は1日平均で1200万ドルで、3月後半に比べると約90%減少しました。 2020末時点でのデルタ航空の流動性は167億ドルでした。これには現金および現金同等物、短期投資、リボルビング与信枠残高が含まれます。 2020年通年の業績 調整済み税引前損失の90億ドルには主として新型コロナウイルスの影響やその対策に関連する項目、正味66億ドル分は含まれていません。 販売可能な座席供給量が前年比で61%減少したため、調整済み営業利益は159億ドル(前年比66%の減少)でした。 新型コロナウイルス関連その他項目の43億ドルを含む営業経費合計は前年比で108億ドル減少しました。この種の項目と精油所の第三者向け売上分を調整した営業経費合計は、前年比で160億ドル(40%)減少しました。 GAAPと非GAAP財務指標の調整を含むリリース全文は、こちらをご覧ください。
Jan. 15, 2021, 1 a.m.
Article
Body
新型コロナウイルスへの対応が高く評価され、高得点を獲得しました。
Nov. 17, 2020, 1 a.m.
Article
Body
*本リリースは10月13日に米国アトランタで発表されたリリースの抄訳です。
Oct. 15, 2020, 1 a.m.

新型コロナウイルス

Article
Body
1月12日以前に購入された、2月9日までの国際線航空券の予約を変更されるお客様が対象
Jan. 13, 2021, 12 a.m.
Article
Body
変更手数料免除の対象となる航空券を2021年3月30日までの購入分まで延長
Dec. 10, 2020, 12 a.m.
Article
Body
ワクチン開発を手がける医学と薬学の専門家の指導に基づき輸送計画を立案
Dec. 6, 2020, 7 p.m.