事業

Article
Body
2021年第1四半期のGAAP税引前損失は15億ドル、1株当たり1.85ドルの損失で、収益合計は42億ドル 2021年第1四半期の調整済み税引前損失は29億ドル、1株当たり3.55ドルの調整済み損失で、調整済み収益 合計は36億ドル 3月は需要増によりキャッシュフローがプラスになり、回復に向けて重要なマイルストーンを達成 【米国アトランタ、2021年4月15日】 - デルタ航空(NYSE:DAL)は、2021年3月を期末とする2021年第1四半期の業績と2021年第2四半期の業績予測を発表しました。GAAP基準および調整済みの結果を含む、デルタ航空の2021年第1四半期の業績を6ページに記載いたします。概要は以下のとおりです。 デルタ航空の最高経営責任者、エド・バスティアン(Ed Bastian)は次のように述べています。「パンデミック発生後1年が経過した今、旅行者は自信を取り戻し、日常生活に戻りつつあります。デルタ航空はこれまで以上にど強い、信頼性の高いブラン力で回復を加速しています。デルタ航空従業員の努力により、3月は1日のキャッシュフローがプラスなりました。中央席をブロックしていたことや、ビジネス需要や国際線需要の低迷を考えると、これは驚くべき成果です。このような回復傾向が維持できれば、第2四半期もプラスのキャッシュフローが期待でき、第3四半期に需要がさらに回復すれば、再び黒字化することができると考えます。」 2021年1月~3月期の業績概要 29億ドルの調整済み税引前損失には初回の給与サポートプログラムの延長(PSP2)に関連する12億ドルは含まれていません。その一部は他の項目と共に、15億ドル分の発着枠、ゲート、路線のタームローンの前払いに伴い発生した債務返済手数料によって相殺されています。 販売可能輸送容量が2019年第1四半期と比べて55%減少したため(注Aを参照)、調整済み営業利益は65%減の36億ドルでした。 PSP2に関連する12億ドルを含む営業経費合計は、2019年第1四半期に比べて39億ドル減少しました。PSP2関連とサードパーティへの精油所売上分を調整した営業経費合計は2019年第1四半期と比べて31億ドル(33%)減少しました。これは輸送容量と売上関係の費用減少、給与および関連コストの減少、全社的なコスト削減努力によるものです。 第1四半期中のキャッシュバーン(現金流出)(注B参照)は1日当たり平均で1100万ドルでしたが、3月は1日当たり400万ドルのキャッシュ創出に転じることができました。 第1四半期末時点でのデルタ航空の流動性資産は166億ドルでした。これには現金および現金同等物、短期投資、リボルビング与信枠残高が含まれます。負債とファイナンスリースの債務合計は290億ドルで、調整済み純負債額は191億ドルでした。航空機費用の借入を決定したことにより予想よりも増加しました。 詳細はプレスリリース全文をご覧ください。 ​​​​​​
April 16, 2021, 2 a.m.
Article
Body
新型コロナウイルスの対応において、顧客第一主義でリーダーシップを発揮したことが評価され3回目のランクインとなりました。
March 10, 2021, 2 a.m.
Article
Body
革新性、社会的責任への取り組みが評価され、総合ランキング23位に 航空会社ランキングでは今年も第1位 デルタ航空は、米フォーチュン誌の最も賞賛される航空会社リストで、過去11年間で10度目の第1位に選ばれました。 また同誌の「2021年最も賞賛される企業トップ50社」にも8年連続で選ばれ、社会的責任、人材管理、長期的価値のカテゴリーおいて航空会社で首位、総合ランキングで23位となりました。 デルタ航空の最高経営責任者(CEO)のエド・バスティアンは、従業員向けのメモに次のように記しています。「世界的なパンデミックの最中に、最も称賛される企業に選ばれたことは、素晴らしい成果です。これは、常に人を第一に考えるという当社の方針が、グローバルなブランド力を高め、お客様の信頼とロイヤルティを構築していることを示しています。」 フォーチュン誌が毎年発表している「最も賞賛される企業」 リストは、52の業界にわたる数千人の主要企業の経営幹部、専門家、アナリストを対象とした広範な調査に基づいており、世界で最も尊重され、評価されているランキングです。 革新性から社会的責任に至るまで各カテゴリーで評価されるランキングは、デルタ航空が2021年のグローバル景気の回復をリードする立場にあることを示しています。 バスティアンCEOは、常にお客様第一主義を続けているデルタ航空の従業員たちの努力によるところが大きいとしています。 「お客様の安全と健康を守るための皆さんの多大な努力と、中央席のブロックやマスク着用の義務化、従業員の定期的な検査などの施策によって、旅行する必要のあるお客様はデルタ航空なら安全だと感じていると思います。旅行需要が戻った時にお客様は、デルタ航空史上最も困難なこの時期に、皆さんがどのようなサービスを提供したかを思い出してくれるでしょう。」 デルタ航空は、米就職サイトのグラスドアが今年1月に発表した「最も働きやすい職場」に5年連続で選ばれ、過去最高位の第7位にランクされました。デルタ航空は、世界で最も多くの賞を受賞している航空会社です。 デルタ航空が今年の最も賞賛される企業に選ばれた理由 企業ランキングは、一般的および業界特有の属性、ビジネスコミュニティにおける全体的な評判などに関する業界のリーダーによる評価に基づいています。 デルタ航空は以下のカテゴリーで航空会社のトップに選ばれました。 人事管理 法人資産運用  経営の質  社会的責任 財務健全性 長期的投資価値 国際競争力
Feb. 2, 2021, 12 a.m.
Article
Body
2020年第4四半期のGAAP税引前損失は11億ドル、 1株当たり1.19ドルの損失で、収益合計は40億ドル 2020年第4四半期の調整済み税引前損失は21億ドル、 1株当たり2.53ドルの調整済み損失で、調整済み収益 合計は35億ドル 2020年通年のGAAP税引前損失は156億ドル、 1株当たり19.49ドルの損失で、収益合計は171億ドル 2020年通年の調整済み税引前損失は90億ドル、 1株当たり10.76ドルの調整済み損失で、調整済み収益合計は159億ドル 2020年期末の流動性は167億ドル 【米国アトランタ、2021年1月14日】 - デルタ航空(NYSE:DAL)は、2020年12月を期末とする第4四半期と2020年通年の業績、および2021年第1四半期予測を発表しました。GAAP基準および調整済みの結果を含む、デルタ航空の2020年第4四半期および通年の業績を5ページに記載いたします。概要は以下のとおりです。 デルタ航空の最高経営責任者、エドワード・バスティアン(Edward Bastian)は、次のように述べています。「2020年第4四半期はデルタ航空史上最も厳しい1年を締めくくるものでした。苦難に直面しても高い士気を保ち、お客様を第一に考えながら回復にまい進し、関係者の期待に応えられるように務めてくれたデルタ航空従業員に感謝しています。2021年もまだ厳しい状況は続きますが、今年は回復の年であり、再び売上増、収益性拡大、フリーキャッシュ創出をもたらすことのできる、より強いデルタ航空になるためのターニングポイントの年になると確信しています。」 2020年10月~12月期の業績概要 調整済み税引前損失の21億ドルには、10億ドル近い新型コロナウイルスへの直接対応、対策費用(当四半期中に得たCARES法の給与サポートプログラム(PSP)による補助金で相殺した社員への給与および福利厚生内容の変更分を含む)は含まれていません。 販売可能な座席供給量が前年比で62%減少したため(注Aを参照)、調整済み営業利益は前年比で69%の減の35億ドルとなりました。 前述の新型コロナウイルス関連費用9億3,000万ドルを含む営業経費合計は前年比で52億ドル減少しました。これらの項目と精油所の第三者向けの売上による調整分を計上した第4四半期の営業経費合計は、座席供給量や売上関連の経費減少とコスト管理の強化により、前年比46億ドル減少(47%減)しました。 当四半期中の現金流出(注Bを参照)は1日平均で1200万ドルで、3月後半に比べると約90%減少しました。 2020末時点でのデルタ航空の流動性は167億ドルでした。これには現金および現金同等物、短期投資、リボルビング与信枠残高が含まれます。 2020年通年の業績 調整済み税引前損失の90億ドルには主として新型コロナウイルスの影響やその対策に関連する項目、正味66億ドル分は含まれていません。 販売可能な座席供給量が前年比で61%減少したため、調整済み営業利益は159億ドル(前年比66%の減少)でした。 新型コロナウイルス関連その他項目の43億ドルを含む営業経費合計は前年比で108億ドル減少しました。この種の項目と精油所の第三者向け売上分を調整した営業経費合計は、前年比で160億ドル(40%)減少しました。 GAAPと非GAAP財務指標の調整を含むリリース全文は、こちらをご覧ください。
Jan. 15, 2021, 1 a.m.
Article
Body
新型コロナウイルスへの対応が高く評価され、高得点を獲得しました。
Nov. 17, 2020, 1 a.m.
Article
Body
*本リリースは10月13日に米国アトランタで発表されたリリースの抄訳です。
Oct. 15, 2020, 1 a.m.
Article
Body
デルタ航空航空 (NYSE:DAL) は、2020年6月を期末とする第2四半期の業績と、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大に対する継続的な対応について発表しました。
July 16, 2020, 3 a.m.
Article
Body
デルタ航空は 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、ワイドボディ機のボーイング777型機全18機を2020年末までに退役させる計画です。この退役により、より新しく、よりコスト効率の高い航空機の運航を継続しながら、航空機の近代化と統合を目指す戦略を加速させることができます。 デルタ航空の最高運航責任者のジル・ウェスト (Gil West)は、次のように述べています。 「新型コロナウイルスの影響に対応し、またこの危機から回復したときのことを考慮しながら、戦略的でコスト効率の良い機材編成の見直しを行っています。ボーイング777型機は、1999年にデルタ航空の保有機材に加わって以来、デルタ航空の成功を支えてきました。その特性により、当時777型機しか就航できなかった新しいノンストップの超長距離市場を開拓しました。」 デルタ航空は先月、MD-88とMD-90の退役を6月に早める計画を発表しました。新型コロナウイルスの 状況が始まって以来、デルタ航空では運航の効率化とコスト削減のため、航空機を駐機させ、早期退役を検討するなど、迅速に対応してきました。需要の減少に対応するため、これまでに幹線と地域路線の航空機を650機以上駐機させています。 デルタ航空では、1999年に初めてボーイング777-200型機を導入し、2008年に10機の長距離型777-200 LR型機を加え、全部で18機保有しています。日米路線を始め、アトランタとヨハネスブルグ間や、ロサンゼルスとシドニー間などの長距離路線をノンストップで運航する機材として活用されてきました。 デルタ航空は今後も、座席当たりの燃料消費量が777型機より21%少ない次世代の長距離航空機、エアバスA 350-900型機の運航を継続します。 新型コロナウイルスの影響で国際線旅客が減少するなか、777型機は、貨物や郵便、米国市民の帰還のためのフライトの主力として活躍しています。4月下旬以降同機は、海外の米軍部隊に郵便物を届けるため、シカゴやロサンゼルスからフランクフルトに向け数十回運航されたほか、新型コロナウイルスの対応に必要な医療用具を数千ポンド輸送するために、米国とアジア間で運航され、シドニー、ムンバイ、マニラなどの都市から何千人もの米国市民を帰還するために運航されました。 777型機の退役時期等の詳細については、後日発表します。
May 14, 2020, 11 p.m.
Article
Body
2020年第1四半期(1月~3月)のGAAP会計基準による税引前損失は6億700万ドル、1株当たり0.84ドル。 税引前調整損失は4億2200万ドル、1株当たり0.51ドル、非拘束流動資金額は60億ドル。
April 24, 2020, 3 a.m.
Article
Body
財務状況を維持するため、コストの削減とキャッシュフローの強化に取り組みます。
March 11, 2020, 3 a.m.