事業

article
Body
デルタ航空は、2022年10月1日発券分より、日本発航空券の国際線の燃油サーチャージを変更します。 1名様1区間片道当たり燃油サーチャージ額  区間 発券日 2022年9月30日まで 2022年 10月1 日以降 日本-北米 日本-中南米 47,000円 57,200円 日本-ハワイ 30,500円 36,700円 日本発着の全路線について、燃油サーチャージの見直しが2ヶ月おきに行われます。燃油サーチャージは燃油価格に応じて変更される場合があります。 燃油サーチャージは大人、小児、幼児(座席使用の場合)ともに同額が適用されます。 座席を使用しない2歳未満の幼児は対象外となります。 シンガポールケロシン・タイプのジェット燃料の2ヶ月平均価格が1バレル6,000円*を上回った場合、デルタ航空は燃油サーチャージを適用します。 ※平均価格を算出した期間と同じ2ヶ月間において、日本銀行により毎日公表される為替相場の2ヶ月間の平均値を用いて米ドルから日本円へ換算します。 詳細については、デルタ航空ホームページdelta.comをご覧下さい。 https://ja.delta.com/content/www/en_US/shop/deals-and-offers/deals-from-japan/japan-fuel-and-passenger-surcharges.html
Sept. 28, 2022, 8:25 p.m.
article
Body
デルタ航空は、2022年8月1日発券分より、日本発航空券の国際線の燃油サーチャージを変更します。 1名様1区間片道当たり燃油サーチャージ額  区間 発券日 2022年7月31日まで 2022年 8月1 日以降 日本-北米 日本-中南米 36,800円 47,000円 日本-ハワイ 23,600円 30,500円 日本発着の全路線について、燃油サーチャージの見直しが2ヶ月おきに行われます。燃油サーチャージは燃油価格に応じて変更される場合があります。 燃油サーチャージは大人、小児、幼児(座席使用の場合)ともに同額が適用されます。 座席を使用しない2歳未満の幼児は対象外となります。 シンガポールケロシン・タイプのジェット燃料の2ヶ月平均価格が1バレル6,000円*を上回った場合、デルタ航空は燃油サーチャージを適用します。 ※平均価格を算出した期間と同じ2ヶ月間において、日本銀行により毎日公表される為替相場の2ヶ月間の平均値を用いて米ドルから日本円へ換算します。 詳細については、デルタ航空ホームページdelta.comをご覧下さい。 https://ja.delta.com/content/www/en_US/shop/deals-and-offers/deals-from-japan/japan-fuel-and-passenger-surcharges.html
July 22, 2022, 8:31 p.m.
article
Body
7月の運航信頼性は通常のデルタ航空の高い基準まで回復の兆し 第2四半期の営業利益率は2桁を達成 第3四半期は2桁の営業利益率を予想、通年の収益性も高くなる見込み 2024年までの目標、調整済みEPS70億ドル、フリーキャッシュフロー40億ドルを達成予定 デルタ航空(NYSE:DAL)は、2022年6月を期末とする2022年第2四半期の業績と2022年第3四半期の業績予測を発表しました。GAAP基準および調整済みの結果を含む、デルタ航空の2022年第2四半期の業績を5ページに記載します。概要は以下のとおりです。 デルタ航空の最高経営責任者、エド・バスティアン(Ed Bastian)は次のように述べています。「業界中が厳しい運航環境にある中、最高クラスの信頼性の回復に尽力してくれているデルタ航空チーム全員に感謝します。彼らの努力と強い需要によって今年上半期は黒字となり、20億ドル近くのフリーキャッシュフローを生み出すとともに、従業員にとってのマイルストーンであるプロフィット・シェアリング(利益分配)を確保するができました。第3四半期は11~13%の調整済み営業利益率を見込んでおり、通年での黒字を達成できそうです。」 2022年4月~6月期のGAAP業績結果 営業収益は138億ドル 営業利益は15億ドル、営業利益率は11.0% 1株当たりの利益は1.15ドル 営業活動によるキャッシュフローは25億ドル 負債とファイナンスリースの債務合計は248億ドル 2022年4月~6月期の調整済み業績結果 営業収益は123億ドル―2019年同期比82%の輸送容量で99%まで回復 営業利益は14億ドル、営業利益率は11.7%で、2019年以降の四半期で初めて2桁の利益率に 1株当たりの利益は1.44ドル 事業への投資8億6400万ドルを差し引いたフリーキャッシュフローは16億ドル 負債とファイナンスリースの債務合計は10億ドル 流動性資産*は136億ドルで、調整済み純負債は196億ドル *現金と現金同等物、短期投資およびリボルビング与信枠残高を含む。 プレスリリース全文はこちらをご覧ください。
July 18, 2022, 9:01 p.m.
article
Body
デルタ航空は、2022年6月1日発券分より、日本発航空券の国際線の燃油サーチャージを変更します。 1名様1区間片道当たり燃油サーチャージ額  区間 発券日 2022年5月31日まで 2022年 6月1 日以降 日本-北米 日本-中南米 19,900円 36,800円 日本-ハワイ 12,500円 23,600円 日本発着の全路線について、燃油サーチャージの見直しが2ヶ月おきに行われます。燃油サーチャージは燃油価格に応じて変更される場合があります。 燃油サーチャージは大人、小児、幼児(座席使用の場合)ともに同額が適用されます。 座席を使用しない2歳未満の幼児は対象外となります。 シンガポールケロシン・タイプのジェット燃料の2ヶ月平均価格が1バレル6,000円*を上回った場合、デルタ航空は燃油サーチャージを適用します。 ※平均価格を算出した期間と同じ2ヶ月間において、日本銀行により毎日公表される為替相場の2ヶ月間の平均値を用いて米ドルから日本円へ換算します。 詳細については、デルタ航空ホームページdelta.comをご覧下さい。 https://ja.delta.com/content/www/en_US/shop/deals-and-offers/deals-from-japan/japan-fuel-and-passenger-surcharges.html
May 19, 2022, 11:13 p.m.
article
Body
デルタ航空は、2022年第1四半期(2022年1月~3月)の業績と2022年第2四半期の業績予測を発表しました。
April 14, 2022, 5:25 a.m.
article
Body
デルタ航空は、2022年4月1日発券分より、日本発航空券の国際線の燃油サーチャージを変更します。 1名様1区間片道当たり燃油サーチャージ額  区間 発券日 2022年3月31日まで 2022年 4月1 日以降 日本-北米 日本-中南米 17,500円 19,900円 日本-ハワイ 11,000円 12,500円 日本発着の全路線について、燃油サーチャージの見直しが2ヶ月おきに行われます。燃油サーチャージは燃油価格に応じて変更される場合があります。 燃油サーチャージは大人、小児、幼児(座席使用の場合)ともに同額が適用されます。 座席を使用しない2歳未満の幼児は対象外となります。 シンガポールケロシン・タイプのジェット燃料の2ヶ月平均価格が1バレル6,000円*を上回った場合、デルタ航空は燃油サーチャージを適用します。 *平均価格を算出した期間と同じ2ヶ月間において、日本銀行により毎日公表される為替相場の2ヶ月間の平均値を用いて米ドルから日本円へ換算します。 詳細については、デルタ航空ホームページdelta.comをご覧下さい。 https://ja.delta.com/content/www/en_US/shop/deals-and-offers/deals-from-japan/japan-fuel-and-passenger-surcharges.html
March 24, 2022, 9:42 p.m.
article
Body
このパートナーシップにより、デルタ航空の持続可能な航空燃料へのアクセスが大幅に向上し、代替燃料市場も拡大します。持続可能な航空燃料は、バイオ原料から製造され、従来のジェット燃料と比較して、温室効果ガスのライフサイクル排出量を大幅に削減することが可能です。
March 23, 2022, 10:22 p.m.
article
Body
デルタ航空とエアバス社は、水素を動力源とする航空機とそれに必要なエコシステムの開発を加速させるため、業界をリードする研究を共同で行います。
March 18, 2022, 2:53 a.m.
article
Body
9年連続で選出され、航空会社のなかで最上位となる第18位にランクインしました。
Feb. 2, 2022, 11:35 p.m.
article
Body
デルタ航空は、2022年2月1日発券分より、日本発航空券の国際線の燃油サーチャージを変更します。 1名様1区間片道当たり燃油サーチャージ額  区間 発券日 2022年1月31日まで 2022年 2月1 日以降 日本-北米 日本-中南米 11,600円 17,500円 日本-ハワイ 6,600円 11,000円 日本発着の全路線について、燃油サーチャージの見直しが2ヶ月おきに行われます。燃油サーチャージは燃油価格に応じて変更される場合があります。 燃油サーチャージは大人、小児、幼児(座席使用の場合)ともに同額が適用されます。 座席を使用しない2歳未満の幼児は対象外となります。 シンガポールケロシン・タイプのジェット燃料の2ヶ月平均価格が1バレル6,000円*を上回った場合、デルタ航空は燃油サーチャージを適用します。 *平均価格を算出した期間と同じ2ヶ月間において、日本銀行により毎日公表される為替相場の2ヶ月間の平均値を用いて米ドルから日本円へ換算します。 詳細については、デルタ航空ホームページdelta.comをご覧下さい。 https://ja.delta.com/content/www/en_US/shop/deals-and-offers/deals-from-japan/japan-fuel-and-passenger-surcharges.html
Jan. 18, 2022, 7:12 p.m.