事業

Article
Body
デルタ航空(NYSE:DAL)は、2021年9月を期末とする2021年第3四半期の業績と2021年第4四半期予測を発表しました。
Oct. 14, 2021, 4:34 a.m.
Article
Body
航空会社として初めて、レース・トゥー・ゼロとLEAF連合に参加。世界経済フォーラムの「クリーンスカイ・フォー・トゥモローの運営委員に。
Sept. 24, 2021, 1:49 a.m.
Article
Body
三社は、温室効果ガス削減の可能性を分析するための、より透明性の高い共通のモデルを作成し、SAFプログラムを検討している組織に採用されることを期待しています。
Sept. 8, 2021, 3:25 a.m.
Video
Body
お客様が空の旅を再開するときに体験する小さな事に焦点を当てた動画広告
Aug. 16, 2021, 9 p.m.
Article
Body
デルタ航空(NYSE:DAL)は本日、2021年6月を期末とする2021年第2四半期の業績と2021年第3四半期の業績予測を発表しました。
July 15, 2021, 4:31 a.m.
Article
Body
旅行需要の回復を受け、航空機を追加することにより、顧客エクスペリエンスを向上し、貨物輸送能力を高め、コストを削減し、持続可能な未来に貢献します
July 13, 2021, 11:22 p.m.
Article
Body
J.D.パワー社による顧客満足度調査で1,000点満点中860点を獲得し、北米の航空会社の中で1位に認定されました。
May 13, 2021, 1:53 a.m.
Article
Body
デルタ航空と武田薬品工業株式会社は、出張でデルタ航空を利用した際に排出する炭素を削減するため、持続可能な航空燃料 (SAF) に関する協定を締結しました。今回の合意により武田薬品は、デルタ航空が推進するSAF協定に参加する他の法人顧客とともに、排出量削減という共通の取り組みを推進します。このような法人顧客との提携は、従来型のジェット燃料への航空業界の依存度を下げることを目指す市場を拡大し、業界の需要を創出し、SAF市場への投資を促進します。 2020年3月以降カーボンニュートラルに10億ドルを投資することを発表して以来、デルタ航空は、より持続可能な航空機の運航を実現するために、二酸化炭素排出量の削減と除去、および協力関係の構築に注力してきました。武田薬品との協業は、持続可能な協力関係が、環境にプラスの影響を与えることができることを示すものです。 デルタの総合的なサステナビリティ戦略の詳細については、こちらをご覧ください。 デルタ航空のサステナビリティ担当マネージング・ディレクターであるアメリア・デルーカ(Amelia DeLuca)は、次のように述べています。「脱炭素化を推進する航空会社は、お客様と協力して排出量削減に取り組む必要があります。航空旅行と持続可能性が共存する未来を見据えている私たちにとって、パートナーとの協力と投資は、私たちを未来に導くための重要なステップです。解決策を見出すために協力してくださる武田薬品のようなパートナーに感謝しています。」 SAFは、航空燃料からライフサイクル炭素排出量を削減するために極めて重要な手段です。純粋な形で使用した場合に、化石燃料と比較して最大80%削減することができます。デルタ航空は、ネステ社(Neste)とSAF供給契約を締結しており、この契約に基づき武田薬品とSAF 協定を結び、他の法人顧客にも持続可能な航空旅行を提供することができます。 ネステは、世界でも有数のSAF生産企業で、10年近くにわたりSAF生産の最前線に立っています。ネステのSAFは、持続可能な方法で調達された再生可能な廃棄物や残留物から作られています。燃料の燃焼による温室効果ガスの排出を直接削減することができるドロップイン燃料であり、航空機や燃料の供給手順に新たな投資や調整、変更を加える必要はありません。 デルタ航空について デルタ航空は、温室効果ガスの排出量を自主的に2012年のレベルに制限した最初で唯一の米国の航空会社であり、昨年は世界初のカーボンニュートラルな航空会社になることを宣言するなど、持続可能な航空旅行に向けて長期的な取り組みを行っています。2020年にバロンズ誌の「アメリカで最もサステナブルな会社」で航空会社の1位に選ばれ、2021年のS&P サステナビリティ・イヤーブックに掲載された唯一の航空会社であり、環境団体のキープ・アメリカ・ビューティフル(Keep America Beautiful)からビジョン・フォー・アメリカ賞(Vision for America award)を受賞、キャプテン・プラネット財団(Captain Planet Foundation)からスーパーヒーロー企業賞(Superhero Corporate Award)を受賞しています。また、デルタ航空はフィッチ・フォー・グッド・インデックス(FTSE 4 Good Index)の構成銘柄に6年連続で選定されたほか、ダウジョーンズ・サステナビリティ北米インデックス(Dow Jones Sustainability North America Index)の構成銘柄に10年連続で選定されています。詳細については、https://ja.delta.com/jp/ja/about-delta/sustainabilityをご参照ください。 ネステについて ネステ (NESTE:ナスダック・ヘルシンキ)は、廃棄物や残渣、革新的な原材料を、再生可能な燃料と、プラスチックやその他の材料に代わる持続可能な原料に精製しています。再生可能なディーゼル燃料と持続可能な航空燃料の生産では世界をリードしており、プラスチック廃棄物の問題に対処するための化学リサイクルを開発しています。ネステは、再生可能で循環型のソリューションにより、2030年までに少なくとも年間2000万トンの温室効果ガス排出の削減を顧客に提供することを目指しています。高い技術を有する高品質石油製品の精製会社として、2035年までにカーボンニュートラル生産を達成することを約束し、製油所の原料として廃プラスチックなどの再生可能でリサイクルされた原料も導入しています。ネステは、ダウジョーンズ・サステナビリティ・インデックスや世界で最もサステナブルな企業の100社に常にランクインしています。2020年のネステの収益は118億ユーロで、営業利益の94%は再生可能な製品によるものでした。 将来の見通しに関する記述 当社の将来的な推定値、期待値、信条、意図、予測、戦略など、歴史的な事実ではないこのプレスリリースにおける記述は、1993年の証券法とその改定版、1934年の証券取引法とその改定版、1995年私募証券訴訟改革法で定義されている「将来予想に関する記述」と見なす必要があります。この種の記述内容は保証されておらず、成果を約束するものではありません。すべての将来予想に関する記述には複数のリスクと不確定要素が関連しており、将来予測に関する記述で反映または示唆された推定値、期待値、信条、意図、予測、目標、願望、コミットメント、戦略と大きく異なる場合があります。実績と将来予想に関する記述の間に相違を発生させる危険性および不確実性には、2020年12月31日に終了した事業年度に関する当社のフォーム10-Kによる年次報告書を含む、証券取引委員会への提出書類に記載されたリスクおよび不確実性が含まれますが、これらに限定されるものではありません。将来の見通しに関する記述に過度に依存しないように注意する必要があります。これらの記述は、本リリースの日付時点における当社の見解を示すものであり、法律で定められた範囲を除き、更新する義務を負うものではありません。
April 22, 2021, 9:58 p.m.
Article
Body
2021年第1四半期のGAAP税引前損失は15億ドル、1株当たり1.85ドルの損失で、収益合計は42億ドル 2021年第1四半期の調整済み税引前損失は29億ドル、1株当たり3.55ドルの調整済み損失で、調整済み収益 合計は36億ドル 3月は需要増によりキャッシュフローがプラスになり、回復に向けて重要なマイルストーンを達成 【米国アトランタ、2021年4月15日】 - デルタ航空(NYSE:DAL)は、2021年3月を期末とする2021年第1四半期の業績と2021年第2四半期の業績予測を発表しました。GAAP基準および調整済みの結果を含む、デルタ航空の2021年第1四半期の業績は5ページに記載しています。概要は以下のとおりです。 デルタ航空の最高経営責任者、エド・バスティアン(Ed Bastian)は次のように述べています。「パンデミック発生後1年が経過した今、旅行者は自信を取り戻し、日常生活に戻りつつあります。デルタ航空はこれまで以上に強い、信頼性の高いブラン力を持って回復を加速しています。デルタ航空従業員の努力により、3月は1日あたりのキャッシュフローがプラスなりました。中央席をブロックしていたことや、ビジネス需要や国際線需要の低迷を考えると、これは驚くべき成果です。このような回復傾向が維持できれば、第2四半期もプラスのキャッシュフローが期待でき、第3四半期に需要がさらに回復すれば、再び黒字化することができると考えます。」 2021年1月~3月期の業績概要 29億ドルの調整済み税引前損失には初回の給与サポートプログラムの延長(PSP2)に関連する12億ドルは含まれていません。その一部は他の項目と共に、15億ドル分の発着枠、ゲート、路線のタームローンの前払いに伴い発生した債務返済手数料によって相殺されています。 販売可能輸送容量が2019年第1四半期と比べて55%減少したため(注Aを参照)、調整済み営業利益は65%減の36億ドルでした。 PSP2に関連する12億ドルを含む営業経費合計は、2019年第1四半期に比べて39億ドル減少しました。PSP2関連とサードパーティへの精油所売上分を調整した営業経費合計は2019年第1四半期と比べて31億ドル(33%)減少しました。これは輸送容量と売上関係の費用減少、給与および関連コストの減少、全社的なコスト削減努力によるものです。 第1四半期中のキャッシュバーン(現金流出)(注B参照)は1日当たり平均で1100万ドルでしたが、3月は1日当たり400万ドルのキャッシュ創出に転じることができました。 第1四半期末時点でのデルタ航空の流動性資産は166億ドルでした。これには現金および現金同等物、短期投資、リボルビング与信枠残高が含まれます。負債とファイナンスリースの債務合計は290億ドルで、調整済み純負債額は191億ドルでした。航空機費用の借入を決定したことにより予想よりも増加しました。 詳細はプレスリリース全文をご覧ください。 ​​​​​​
April 16, 2021, 2:58 a.m.
Article
Body
新型コロナウイルスの対応において、顧客第一主義でリーダーシップを発揮したことが評価され3回目のランクインとなりました。
March 10, 2021, 2:01 a.m.