事業

Article
Body
*本リリースは10月13日に米国アトランタで発表されたリリースの抄訳です。
Oct. 15, 2020, 1 a.m.
Article
Body
デルタ航空航空 (NYSE:DAL) は、2020年6月を期末とする第2四半期の業績と、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大に対する継続的な対応について発表しました。
July 16, 2020, 3 a.m.
Article
Body
デルタ航空は 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、ワイドボディ機のボーイング777型機全18機を2020年末までに退役させる計画です。この退役により、より新しく、よりコスト効率の高い航空機の運航を継続しながら、航空機の近代化と統合を目指す戦略を加速させることができます。 デルタ航空の最高運航責任者のジル・ウェスト (Gil West)は、次のように述べています。 「新型コロナウイルスの影響に対応し、またこの危機から回復したときのことを考慮しながら、戦略的でコスト効率の良い機材編成の見直しを行っています。ボーイング777型機は、1999年にデルタ航空の保有機材に加わって以来、デルタ航空の成功を支えてきました。その特性により、当時777型機しか就航できなかった新しいノンストップの超長距離市場を開拓しました。」 デルタ航空は先月、MD-88とMD-90の退役を6月に早める計画を発表しました。新型コロナウイルスの 状況が始まって以来、デルタ航空では運航の効率化とコスト削減のため、航空機を駐機させ、早期退役を検討するなど、迅速に対応してきました。需要の減少に対応するため、これまでに幹線と地域路線の航空機を650機以上駐機させています。 デルタ航空では、1999年に初めてボーイング777-200型機を導入し、2008年に10機の長距離型777-200 LR型機を加え、全部で18機保有しています。日米路線を始め、アトランタとヨハネスブルグ間や、ロサンゼルスとシドニー間などの長距離路線をノンストップで運航する機材として活用されてきました。 デルタ航空は今後も、座席当たりの燃料消費量が777型機より21%少ない次世代の長距離航空機、エアバスA 350-900型機の運航を継続します。 新型コロナウイルスの影響で国際線旅客が減少するなか、777型機は、貨物や郵便、米国市民の帰還のためのフライトの主力として活躍しています。4月下旬以降同機は、海外の米軍部隊に郵便物を届けるため、シカゴやロサンゼルスからフランクフルトに向け数十回運航されたほか、新型コロナウイルスの対応に必要な医療用具を数千ポンド輸送するために、米国とアジア間で運航され、シドニー、ムンバイ、マニラなどの都市から何千人もの米国市民を帰還するために運航されました。 777型機の退役時期等の詳細については、後日発表します。
May 14, 2020, 11 p.m.
Article
Body
2020年第1四半期(1月~3月)のGAAP会計基準による税引前損失は6億700万ドル、1株当たり0.84ドル。 税引前調整損失は4億2200万ドル、1株当たり0.51ドル、非拘束流動資金額は60億ドル。
April 24, 2020, 3 a.m.
Article
Body
財務状況を維持するため、コストの削減とキャッシュフローの強化に取り組みます。
March 11, 2020, 3 a.m.
Article
Body
グローバルな事業展開に伴い排出される二酸化炭素排出量を削減するために、2020年3月1日から10年間で10億ドル投資することを発表しました。
Feb. 18, 2020, 3 a.m.
Article
Body
7年連続でトップ50社に。「航空会社ランキング」においては、過去10年間で9度目の1位を獲得。
Jan. 27, 2020, 3 a.m.
Article
Body
•2019年第4四半期の税引前利益は14億ドル、純利益は11億ドル、希釈後1株当たり1.71ドル •2019年通年の税引前利益は62億ドル、希釈後1株当たり7.30ドル、前年比で30%近く増加 •デルタ航空の9万人の従業員に対して過去最高額となる16億ドルのプロフィットシェアリング(利益分配)を実施 •2019年通年の営業キャッシュフローは84億ドル、フリーキャッシュフローは42億ドル
Jan. 17, 2020, 2 a.m.
Article
Body

デルタ航空は、2020年1月1日付けで、新たに日本地区営業本部長に網藏二郎氏を任命します。網藏氏は、日本地区全体の営業部を統括し、営業組織の強化に取り組みます。 網藏氏は、ホテル業界にて28年の経験を有し、特に顧客サービスとカスタマーリレーションにおいては豊富な知識とスキルを持っています。現在は、株式会社プリンスホテルの執行役員事業開発部担当兼事業開発部長として、国内外市場でのホテル開発を統括しているほか、子会社ステイウェルの取締役としてマネジメント業務に従事しています。 デルタ航空日本支社長の大隅ヴィクターは次のように述べています。「羽田空港で最大の外資系航空会社になることは、デルタ航空にとって次のフェーズに向かう大きなチャンスです。この重要な時期に、網藏氏を日本地区全体を統括する営業部門のリーダーとして迎えることで、デルタ航空の市場における地位をさらに高めることできると確信しています。」 網藏氏は、インターコンチネンタルホテルズグループ、マリオットインターナショナル、IHG・ANAホテルズグループジャパンなど大手ホテルにて、予約、営業、収益管理、マーケティングなど、さまざまな部署で要職を歴任。プリンスホテルでは、国内外でのホテル開発に加え、事業計画の策定において多くの実績を残しています。

Dec. 17, 2019, 10 p.m.
Article
Body
・GAAP会計基準では、2019年第3四半期の税引前利益は19億ドル、純利益は15億ドル、収益合計は過去最高の126億ドルで、希釈後1株当たり2.31ドル •調整済み会計基準では、2019年第3四半期の税引前利益は20億ドル、調整済み純利益は15億ドル、希釈後1株当たり2.32ドルで前年比29%増 •配当金と株式買戻しによって、累計4億6,800万ドルを株主に還元 •取締役会は26四半期連続での配当を発表
Oct. 22, 2019, 2 a.m.